親知らず・抜歯

各種保険取扱

お電話はこちら

口腔外科・頭脳と技術力で、親知らず・抜歯

抜歯に対して、不安を抱えている方へ、ファーストクラスの治療。超高速・抜歯/親知らず(1~3秒)で抜いています。
2016年FDI世界歯科大会で唯一、骨再生治療を発表しています。

親知らず

「抜歯をした時に痛そう」「腫れがひかなかったらどうしよう」といった不安を抱えている方が多いと思います。当院では、他院で抜けないと言われた、難しい抜歯のケースでもできるだけ痛みや腫れの少ないスピーディな治療を行っております。安心して治療にのぞんでいただくことができます。

超光速・ロケット抜歯:例えば、アメリカに行く場合に例えると、

力学

高度な技術

    抜歯後、骨再生治療に力を入れています。
    今までの治療は歯を抜いて終わりでしたが、骨が薄くなるのを防ぐ骨再生治療

難しい抜歯はなぜ抜けないの?物理学(力学の応用)と化学の応用。

    高度の技術力と物理の力学を応用し、頭脳で、短時間で抜歯。

    力学を応用すれば、重たいものでも、軽々と持ち上げられます。 その原理を応用し上の親知らず1~3秒、下の歯は頭が出ていれば、(1~30秒、100~1000分の1のスピード:物理学を応用)埋っている歯でも、(5~15分、10分の1、のゴットハンドのレベル)で抜きます。

    力学
  1. 難抜歯できるシュミレーションが頭の中で出来るかどうか。当然、埋伏歯は目で見ることは出来ません。レントゲンを参考にし、骨と歯の3次元的立体構造をイメージし、物理の力学を応用し、支点と作用点を素早く把握し、瞬発的に力を加減して、一気に秒単位の速度で抜きます。
  2. 力学
  3. CT+3Dで分析
  4. 普通に抜歯(保険内)
  5. 抗菌剤の力で、化学的殺菌(Nodasatosin)を入れる(腫れにくくなる)
  6. 抗菌性骨誘導体(Nodasotin)+人工骨を入れる。
    2016年FDI世界歯科大会で発表。
  7. 骨吸収をできる限り防ぐ。骨再生医療。
    ※(世界で唯一発表)国際特許取得
  8. 力学
  9. 抜歯する時、なるべく骨を削らないようにしています。削る量が多いと出血量が多くなり、腫れます。
    時間がかかると、顎が疲れます。
  10. 反対に、難しい親知らずの抜歯を行えるということは口腔外科、インプラントの技術力がズバ抜けて高いといえるため、クリニックの技術力(出来る限りスピーディー、腫れない、痛まない)の指標となります。
  11. 抜歯すると、腫れ、骨が痩せるため、長い目で考えると、抜くと骨が沈むので、当研究会が開発した抗菌性人工骨(ノダサトシンCaP)を入れることもできます。2016年FDI世界歯科大会で発表。
    抗菌剤の力で、化学的殺菌(Nodasatosin)を入れる(腫れにくくなる)
  12. 抗菌性骨誘導体(Nodasatosin)+人工骨を入れる(骨の薄くなるのを防ぐ)
    ※2016年FDI世界歯科大会で発表

    神経にくっついている智歯(そのまま抜くと 神経がマヒする恐れがあるので)
    矯正してから抜歯
    歯の切断

  13. 抗菌性骨誘導体の開発は世界で壱番館歯科クリニックのみです。(国際特許取得済みなので)

当院の抜歯治療

  1. 抜歯する前に、薬のアレルギ-、歯肉の状態、レントゲン(パノラマ、CT、3D)で、骨の癒着、埋伏状態等検査、診断をします。
  2. 難抜歯簡単に抜ける場合と、骨を削り、歯を分割して抜かなくてはならない難易度の高い場合があります。当院の場合、難易度の高い抜歯を数多く行っています。
  3. できる限り、痛みや腫れを少なくする為に、最小限の切開、骨をなるべく削らない手術時間の短縮(長時間になれば腫れ、痛み、出血は多くなります。)を心がけています。

親知らずと抜歯について

親知らずが水平に生えているケースは隣接する歯を押し、歯並びに影響がでることがあります。年に一度チェックしてみましょう。
また、親知らずと歯の間に食べかすがつまると、虫歯、歯肉炎になってしまうリスクが高くなるため、抜歯をすることが虫歯予防につながります。

親知らず
親知らず
親知らず

注意

かなり重症、合併症(水平埋伏歯+智歯周囲炎+歯髄炎⁺骨髄炎)を伴う抜歯する場合、麻酔が効かない場合があります。炎症を抗菌剤で抑えてから治療にしていきますので、早めに、ご来院下さい。また、抜歯前日はアルコールを控えて下さい。

親知らず抜歯の時期

親知らず抜歯にベストな時期は17歳〜25歳。できれば、歯根が成長しない前に抜いたほうが抜きやすいです。
何故なら、歯根が成長し、下顎神経に接触していると、抜歯した後、麻痺する可能性があるからです。
必ず、高度な難抜歯ができる技術力のある口腔外科医に相談して下さい。
その理由は、口腔外科の看板があっても、抜けないクリニックがたくさんあります。相談しても、「様子を見ましょう」と言う答えしかかえってきません。

神経に接触している抜歯(智歯・歯周炎)マヒしないように

1.神経にくっついている智歯(そのまま抜くと 神経がマヒする恐れがあるので)

親知らず

2.切断して3分の2を抜歯,感染を防ぐため、抗菌剤 (ノダキサシン)を入れる。

親知らず

3. 3から6カ月後 親知らずを移動後、残りの歯を抜く。マヒしないで、良好な状態。

親知らず

手術・抜歯・神経の治療の前のお願い

手術、抜歯、神経の治療の前に必ず、食事を済ませて下さい。
麻酔をすると、2~3時間痺れているため、食事ができません。
時間がない時はパンでも、お菓子でも構いません。その後、必ず、歯磨きを忘れずに!

食べ物
食べ物
食べ物

症例と患者さんの声

CASE1.20代女性

症状・治療内容

右下親知らずに痛むが、他院では抜けないと言われて当院に来院。
レントゲン撮影および検査の結果、水平埋伏歯が下顎神経に近づいていたので、矯正で歯を移動させることにしました。その上で抜歯しました。

患者さんの声

抜歯して、麻痺するのが嫌だったので、歯を矯正し、抜歯しました。3ヶ月ぐらいかかりましたが、しびれもなく、良好です。

CASE2.20代女性

症状・治療内容

右上親知らずの痛みで来院されました。0.5秒で抜歯を行いました。翌日、消毒。腫れ、痛みもなく良好でした。

患者さんの声

あまりにも早く、ビックリしました。

食べ物

 

CASE3.30代女性

症状・治療内容

左下親知らずの痛みでご来院。親知らずが下顎神経に近づいていました。痺れる可能性を説明しましたが、矯正で歯の位置を移動してからではなく、即、抜歯を希望されました。
6分ぐらいで、抜歯しました。翌日、消毒。痛み、しびれ、腫れもないとのことでした。
ただ、神経から1mm以上離れていれば構いませんが、あまりリスクのある抜歯はお勧めできません。

患者さんの声

腫れ、痛み、痺れなくて良かった。

CASE4.40代男性

症状・治療内容

右下親知らずの痛みを訴えられていました。大学病院を紹介されたが、当院に来院されたとのことでした。
レントゲン撮影および検査の結果、水平埋伏歯が下顎神経に接触していました。痺れる可能性が100%に近いケースです。
そのため、矯正で歯を移動し、抜歯をしました。歯が神経に接している場合は、矯正で歯の位置を移動してからの抜歯が最適です。

患者さんの声

抜歯して、一生麻痺がするのが嫌だったので、歯を矯正し、抜歯しました。4ヶ月ぐらいかかりましたが、しびれもなく、良好で、きれいに治りました。

CASE5.20代男性

症状・治療内容

右上下親知らずの痛みでご来院されました。右上の埋伏歯は2秒、右下は7分で抜歯しました。
できるだけ負担がないように(Nodasatosinを入れ)、スピ-ディに抜きました。

患者さんの声

ホームぺージに載ってた文章が半信半疑でしたが、痛み、腫れもなく、本当でした。すご過ぎます。

CASE6.40代男性 ウィルス感染

症状・治療内容

のどの痛みで来院されました。ウィルス感染が原因だったため、イソジンより殺菌力がある次亜塩素酸カルシウムイオンNX100によるうがいを行いました。
悪化すると、神経麻痺を起こす場合があります。

症例1

患者さんの声

NX100でうがいしたところ、発赤、痛みも消えました。素早い対応がよかったです。

CASE7.男性

症状・治療内容

左側口唇部を殴られたとのことで、3cm程ぱっくり切れ破裂していました。
口を開閉する場所で、傷口が開く可能性があるので、
12針美容外科的手術し、縫合。傷跡を残さず様にNodaxasinを塗布しました。

術後3か月後、傷口は目立ちません。
顎の傷跡は数年前、他院で手術した際のもの。明らかに、傷跡が残っています。

症例2

患者さんの声

傷口がぱっくり開いて、跡が残ると思ったので、びっくりしました。

CASE8.30代男性

症状・治療内容

他院で抜けないため、(半埋伏歯、横にずれている左側上親知らずの痛みで)来院されました。左上の半埋伏歯は1秒で抜歯。

患者さんの声

痛み、腫れもなく、評判どうりです。仕事にも差支えないので、助かりました。

抜歯のためのステージを設定する

抜歯を考慮することができる前に、特定の手順が最初に取られなければなりません。 そうすることは、あなたの抜歯が可能な限り安全かつ不安になるだけでなく、十分な理由で歯が抜去されたことを保証するのにも役立ちます。

ここで何が行われる必要があります:

  • 前処置検査 (あなたの歯のX線評価を含む)。
  • 病歴を取り、関連するリスクを特定する。
  • 潜在的な合併症を特定する。
  • あなたの処置の準備をする:
    1)抗生物質による前投薬が必要となります( 感染症 、 病状 )
    2)患者の鎮静剤には何らかのタイプの鎮静剤を使用します

A)事前抽出歯科検査

抜歯決定をする前に、あなたの歯と口を調べる必要があります。
比較的容易さは、時間、労力と比較考慮。 しかし、多くの状況で、あなたの歯を抜くことは、長期的に考えると、最良の、あるいは最も安いオプションを考える。
検査をした後、あなたの歯科医は彼らの発見を説明します。 あなたの歯に利用できるさまざまな治療オプションの長所と短所について説明。

X線が必要になります。パノラマ、CT,3D

歯のX線写真を撮る必要があります。

  • 歯とその支持組織の現在の状態。
  • 抜歯を含むどのようなオプションが、状況に適したソリューションを提供する。
  • 困難さのレベルに影響する可能性のある、歯、周囲の骨組織、および近くの構造に関連する要因。

これには次のものが含まれます:
1)根の形成と湾曲。 2)歯または関連構造に関連する病理。 3)近くの神経または洞の位置。 4)周囲の骨密度。
試験の一環として、歯科医は歯のX線写真を撮る必要があります。 そうすることで、彼らは以下を評価することができます:
これには次のものが含まれます:
1)根の形成と湾曲。 2)歯または関連構造に関連する病理。 3)近くの神経または洞の位置。 4)周囲の骨密度。

X線が必要になります。パノラマ、CT,3D

B)病歴を取る

歯を取り除くことができる前に、関連する医療情報を収集し、評価する必要があります。 それは、あなたの手順に関連する合併症を避けるためにできる最も重要なことは、あなたがそれを容認できることを慎重にチェックすることです。
質問しなくても、もし出血の問題を抱えていたら、以前の歯の抜去に問題があったかどうかを報告し、治療しているか治療していないすべての病状をのべてください。

いくつかの病状には特別な管理が必要です

リスクと潜在的な合併症を引き起こすいくつかの病状はよく知られています。

  • インスリン依存性糖尿病 - IDDM患者は、通常のインスリン療法、食事摂取または運動/ストレスレベルが中断された状況に置かれた場合、低血糖を発症するリスクがあります。 彼らはまた、抽出後感染症のリスクも高くなっている。
  • 副腎不全、甲状腺機能低下症、糖尿病、または腎臓疾患のコントロールされていない/治療されていない患者は、抽出が計画される前に医療専門家によって評価されなければならない。
  • 鎌状赤血球貧血は、危機の際に実施すべき処置のタイプおよび使用される医薬品を含む、患者に対する治療を提供することに課題を提示する。 鎌状赤血球病はまた、手術後の感染のリスクが高い患者を配置する。
    歯科治療の前に特別な考慮と評価を必要とするその他の血液学的条件は、 急性白血病、リンパ腫、細胞傷害性化学療法および骨髄移植である。
  • 腎臓透析を受けている患者は特別な管理が必要です。 透析スケジュールに関する任命時期、使用される投薬量およびタイプは、管理されなければならない問題である。 移植片またはカテーテルを有する患者は、典型的には、抗生物質による前投与が必要である(下記参照)。
  • 肝疾患( 肝炎、肝硬変、アルコール性肝炎 )は、歯科患者が出血の合併症のリスクを増加させる。
  • HIVを持っている人は、出血の合併症の危険にさらされる病的な血小板減少性紫斑病を発症することがある。
  • 心血管疾患 - 過去6ヶ月以内に心臓発作 ( 狭心症 、 心臓発作 、 バイパス手術 )を経験した患者の医師は、抽出を行う前に相談する必要がある。アンギナ患者は、ニトログリセリン錠剤をその任命に付すべきである。
  • 遺伝性出血障害 -抽出を計画する前に、患者の医師に相談する必要がある。
  • 高血圧 -一般的なルールとして、170mmHg以上の拡張期血圧または100mmHg以上の拡張期血圧を有する患者の治療は、医師が相談されるまで延期されるべきである。
  • 頭頸部放射線治療の病歴を有する患者は、抜去後に骨粗鬆症(骨の合併症)を発症するリスクがある。

妊娠

妊娠していることは、歯を取り出すことができない理由ではありません。 しかし、それに続くべき一般的なガイドラインがあります。

  • 可能であれば、選択的口腔外科手術は、赤ちゃんが生まれるまで延期されるべきである。
  • より緊急のケアが必要な場合、抽出は第2期に向けられることが好ましい。
  • 産科医の適切な相談により、妊娠のどの段階でも抽出が行われることが多い。

抗生物質による前投薬

医学的条件は、出血(例えば、抽出)を伴う歯科処置が行われた後に、細菌感染を発症するリスクのある患者を考慮。
このような場合、歯科手術を行う前に患者が「予防的」な抗生物質を摂取することが必須です。 そうすることで、このリスクを最小限に抑えることができます。

抗生物質の前投薬が必要な医療状況には、以下が含まれます:

  • 様々な心臓病 (人工弁、逆流を伴う僧帽弁脱、一部の先天性心臓病、以前の細菌性心内膜炎の病歴)。
  • 補綴(人工)関節、腎臓透析カテーテル。
  • その他の病状 (コントロールされていない糖尿病、腎不全、HIV、狼瘡)。

C)現在の投薬リスト

薬やサプリメント(処方箋、店頭、ハーブ)を教えてください。その中には、採取手順や治癒過程に合併症を引き起こすものもあるためです。 例として:

  • アスピリンは血液凝固過程を妨げることがあります(イブプロフェン、銀杏ビロバ、高麗人参は凝固に影響を与えます)。 ワーファリン /Coumadin®のような処方せんの血液シンナーも可能です。
    抜歯前に薬を飲むことを中止するよう依頼するかもしれませんし、その後に再開します。
    薬物の継続的使用が必要な場合には、より少ない数の歯を取り除くように決定することができる。 さらに、手術後の出血が抑制されるように、歯を取り除いた後に追加の処置がとられます。
  • 経口避妊薬を服用している女性は、歯を抜いた後に「ドライソケット」を開発する危険性がより高いかもしれません。
  • 骨疾患(骨粗しょう症、パジェット病、癌を含む)を治療するために使用されるビスフォスフォネート薬を服用した歴史は、患者を骨治癒に伴う合併症の危険にさらす可能性がある。
  • プレドニゾンを摂取するなどのコルチコステロイド療法を受ける場合、抽出する前にステロイド補充が必要な場合があります。 彼らはまた、術後感染症の発症のリスクも高い。
現在の投薬リスト

D)抜歯予定を準備する

すべての関連情報を収集したら、抜歯予定(タイミング、利用された追加手順など)に関する詳細計画を立てることができます。

1)既存の感染症。

事前抽出検査の間、(通常、腫脹の存在) 感染の焦点は次のようになります。

  • 歯の神経空間の内部(歯の膿瘍)。
  • その根の周り(歯周膿瘍)。
  • クラウンの周りの組織( pericoronitis )。

[処方されている抗生物質は、 発疹やかゆみ感などの問題が発生した場合は、直ちに歯科医または医師に報告してください。]

なぜあなたの歯科医は感染した歯を先に進まないのですか?

実際、抜歯は感染した歯を引きます。 特に全身症状のある場合、それらを取り巻く組織に活発な感染(腫れのような)の兆候を示します。
リンパ節腫脹(局所リンパ節の腫脹)、トリスマス(顎の筋肉のけいれん)または嚥下時の痛み。

もしそうしたなら、それは、あなたの手技とそれに続く治癒過程の両方において、合併症のリスクが高くなるからです。 例えば:

  • 歯を抜く過程は、近くの組織や構造物に感染を広げる可能性があります。
  • 局所麻酔剤(歯を麻痺させるために使用される薬剤)は、感染組織において効果的に機能しない。
  • 腫れが顕著になると、歯科医が歯に近づくのを妨げることがあります。

2)鎮静剤を使用するか?

今後の手術について懸念や恐れがある場合は、歯科医にご相談ください。

患者の不安は、様々な鎮静法の使用によって管理することができます。しかし、使用する場合は、事前に計画を立てなければなりません。

いつ抜歯か?

長期的に考えると、抜歯時の合併症 。理由は次のとおりです。

1つの歯が引っ張られると、隣接する歯はシフトする傾向があります。

歯が除去された後、近くの歯は、今空いている空間にドリフトする傾向があります。
歯の位置合わせ(同じ顎と反対の顎の両方)のこの変化は、咀嚼能力および顎関節機能に問題を引き起こす可能性があります。また、歯と歯の間に隙間ができ、腐敗や歯肉の病気のリスクが高まります。

歯の抜歯手順

歯を抜き取る際に使用するプロセスの概要を説明します。

  • 手順の各ステップの目的と、歯科医が抜歯を実行する際にどのように使用するのかを説明します。
  • また、可能性のある日常的な感覚や音(痛みと痛みの両方に関連する)についても説明します。

抜歯プロセスについて

歯を抜歯ことは、患者さんが不安になる可能性が高くなります。
時間をかけて、歯の抜歯中に何が予想されるのか、何が起こらないのか(それが発生した場合の可能性を説明します。
そうすることで、あなたの歯を抜歯ことができるだけ簡単かつスムーズに行えるようになります。

歯を抜く - 手順

最初のステップとして、あなたの歯科医は、あなたの歯とそれを取り巻く骨および歯肉組織の両方を麻酔する必要があります。

抜歯のプロセス
  1. 歯の根元部分はしっかりと骨(そのソケット)に包まれ、靱帯(両者を結びつける歯と骨の間の繊維組織、画像参照)によってしっかりと保持されます。
  2. 歯を取り外すには、歯科医は「ソケットを広げる」(拡大して拡大する、次のセクションを参照)と、それを靭帯から分離する必要があります。
  3. この目標を達成するために努力した後、最終的に歯が最終的に緩み、自由に出るところに到達します。
抜歯のプロセス

歯のソケットの意味を「拡張する」とは何ですか?

深く地面に追い込まれたテントの杭を取り除こうとしたことがあるなら、杭をまっすぐ引き上げることができないことを知っています。
代わりに、最初にそれを前後に繰り返し揺さぶらなければならないので、それが宿っている穴を広げる(拡大する)必要があります。(アニメーションを参照してください)
その後、穴が十分に拡大されると、ステークを簡単に取り除くことができます。

歯根

歯根を包む骨は比較的海綿質である。
そしてこの特性のために、歯科医がソケットの壁に対して前後にしっかりとそれを揺らすと、骨は圧迫されます。
横方向の反復サイクルの後、ソケット全体が徐々にサイズが拡大します(膨張する)。(アニメーションを参照してください)
最後に、十分なスペースが作られた(そして根元の靱帯が十分に引き裂かれた)点が得られ、歯を容易に除去することができます。

歯科医はこれらのツールを使用します。

歯をつかんで圧力をかけるために使用するさまざまなツールを持っています。それらのうちのいくつかは、「 抜去鉗子 」と呼ばれるペンチのような器具である。 その他は「 エレベーター 」と呼ばれる特殊なレバーです。

a)歯科用エレベーター

これらの機器の1つを見るには、細いねじ回しに間違えるかもしれません。 なぜなら、エレベーターのようにハンドルが1つあり、特別にデザインされた「ブレード」や先端部があるからです。

歯科用エレベーター

エレベータの先端は、歯とその周囲の骨との間の靭帯空間に楔止めされるように設計されています。
エレベータがこの空間に押し込まれてねじれたとき、歯はその周囲を揺動してソケットの壁に押し付けられる。 これは、ソケットの形状を拡張し、その靭帯から歯を分離するのに役立ちます。
この作業が継続されるにつれて、歯はますます移動しやすくなります。
場合によっては、歯科医はエレベータを使用して歯を完全に取り外すことができる場合があります。 そうでなければ、彼らはできるだけ多くのことを達成したと感じる箇所を選択し、抽出鉗子(下記参照)を使用して仕事を完了させることに切り替えます。

b)抜去鉗子

歯科用鉗子は、歯を掴むために使用されるペンチのような器具です。歯科医は、通常、さまざまなものを用意しています。それぞれのデザインは、次のように調整されています。

  • 除去しようとしている歯の具体的な形状(例えば、歯茎と歯根との間に2本の根があり、歯間が3本ある臼歯など)。
  • 口の中の歯の位置(正面対背面、または左下大臼歯対右上臼歯など)。
歯根

歯科医は鉗子で歯をつかみ、しっかりとしっかりと意図的にそれを前後に動かします。
歯を取り囲む骨が圧縮可能であるため、ソケットは徐々に拡大し始めます。それと同時に、歯科医の左右運動の範囲も広がります。
この揺れ動作に加えて、歯科医も歯を前後に回転させます。このねじれ動作は、歯を靭帯から離して引き裂き、それを所定の位置に拘束するのに役立ちます。
ある時点では、ソケットが十分に拡大され、靱帯が十分に引き裂かれて、歯が容易に除去され得る。
それらは麻酔薬によって手の届かないところに置かれています。
これらの統計は、ある種の歯の骨折が発生した場合、あなたの歯科医はそれに対処する以前の経験をたくさん持っていたことを示唆しています。

親知らず・抜歯に関するQ&A

Q.親知らずの抜歯の際のリスクとは?

症例2

A.親知らずの抜歯の際にリスクとして考えられることは、次のようなものがあります。
歯を抜いた後に起こる一般的な反応として、腫れることがあります。個人差がありますが、2日程度で納まることもあれば、2週間程度腫れることもあります。

埋伏し、神経に近い、接している歯はしびれる可能性があります。

Q.親知らずは移植できますか?

A.移植可能です。詳しくはご相談ください。

Q.大学病院でも難しい超難抜歯は出来ますか?

A.矯正あるいはNodaxacin(スウェーデンで発表した抗菌剤)を併用した国際レベルの方法で行います。専門分野ですので、詳しくはご相談ください。

Q.親知らずは抜いた方がいいですか?

A.親知らずの抜歯の必要性は以下の場合で分かれます。

抜かなくてもよい場合

  • 上下が正常にまっすぐ生えていて、十分機能を果たしている。
  • 歯肉、骨の中に潜っていて痛くない。
  • 将来、移植できる可能性がある。

抜いた方がよい場合

症例2
  • 隣接歯との間が虫歯になっている。
  • 食物が隙間につまり、繰り返し腫れる。
  • 水平に生えていて隣接歯を押し、歯並びに影響する。
  • 矯正治療を終了後、将来、不正咬合になる可能性がある。
  • 虫歯、歯周炎がかなり進行した歯。
  • 斜め、歯列からはみ出している。
  • 上下片方しか生えていない場合、どちらかの歯がのびて歯肉を噛む場合。
  • 歯根が成長して神経に到達するおそれがある場合。

口内炎

  1. 冷たい傷口および潰瘍の痛みは、口内炎の2つの一般的なタイプです。
  2. 寒い傷跡、またはヘルペス性口内炎は、非常に伝染性が高いです。カンカの傷跡、またはアフタ性口内炎は、伝染性ではありません。
  3. あなたが口内炎を患っている場合は、痛みの種類を特定することは、その治療法を知り、その広がりを防ぐために重要です。
口内炎

口内炎は口の中の痛みや炎症です。 痛みは、頬、歯茎、唇の内側、または舌にあることがあります。

口内炎の2つの主要な形態は、風邪とも呼ばれるヘルペス性口内炎および口腔痛として知られるアフタ性口内炎です。

これらの2種類の口内炎の詳細については、読んでお読みください。

口内炎の原因は何ですか?

ヘルペスシンプレックス1(HSV-1)ウイルスの感染症は、ヘルペス性口内炎です。 6ヵ月から5才までの幼児でより一般的です。 HSV-1に暴露された人々は、ウイルスの結果として、後の人生で寒い傷跡を発症することがあります。 HSV-1は性器ヘルペスを引き起こすウイルスHSV-2に関連していますが、同じウイルスではありません。

アフタ性口内炎は、頬、歯肉、唇の内側、または舌の中の小さな窪みまたは潰瘍の1つまたは1つの集団であり得ます。若者のほうが一般的です。ほとんどの場合、10歳から19歳です。

アフタ性口内炎はウイルスによって引き起こされるものではなく、伝染性ではありません。 代わりに、それは口腔衛生や粘膜の損傷の問題によって引き起こされます。 原因には次のものがあります。

  • 鼻腔の詰まりによる乾燥組織の口からの呼吸
  • 歯科手術による傷害、偶発的な頬の咬傷、または他の怪我
  • 鋭い歯の表面、歯科用矯正具、義歯、または保持具
  • セリアック病
  • イチゴ、柑橘類、コーヒー、チョコレート、卵、チーズ、またはナッツへの食品の感受性
  • 口内の特定の細菌に対するアレルギー反応
  • 炎症性腸疾患
  • 口内の細胞を攻撃する自己免疫疾患
  • HIV /エイズ
  • 弱化した免疫系
  • ビタミンB-12、葉酸、鉄、または亜鉛の欠乏
  • 特定の薬
  • 応力
  • カンジダ・アルビカンス感染症

口内炎の症状

ヘルペス性口内炎

口内炎

ヘルペス性口内炎は、通常、以下に現れる複数の水疱によって示されます:

  • ガム
  • 口蓋
  • 唇の縁

水ぶくれは、食べたり、飲んだり、飲み込んだりするのを困難にしたり痛いものにすることがあります。飲酒が不快ならば、脱水は危険です。びらん、痛み、腫れた歯肉も発生する可能性があります。 また、寒い傷口は苛立ちを引き起こす可能性があります。

あなたの子供が過敏で食事や飲酒していない場合、それは寒い痛みを発症しようとしているサインかもしれません。

発熱はHSV-1感染症のもう一つの症状であり、40°C(104°F)まで上昇することがあります。水疱が現れる数日前に発熱があります。ブリスターポップの後、彼らの場所に潰瘍が形成されることがあります。 これらの潰瘍の二次感染が起こることがあります。感染の全期間は7日から10日間続きます。

アフタ性口内炎

口内炎

アフタ性口内炎は、赤く炎症を起こした境界を有する円形または楕円形の潰瘍です。センターは通常白または黄色です。ほとんどの潰瘍の傷口は小さくて楕円形であり、瘢痕なく1〜2週間で治癒します。より大きな、不規則な傷は、広範囲の傷害を伴って発生し、癒すために6週間以上かかることがあります。これらは口に傷を残すことがあります。

高齢の成人は、 "疱疹状の"潰瘍と呼ばれるものを発症することがあります。HSV-1ウイルスはこれらを引き起こしません。ヘルペス様の潰瘍のびらんは小さいが、10〜100のクラスターで発生します。2週間以内に治癒します。

ストレスや疲れている時など免疫力が低下、睡眠が不足していたりするときにできやすいといわれています。また、ビタミンB2が不足すると口内炎になりやすくなります。口唇・歯肉・舌にできます。治療はステロイド剤塗布、ビタミンB2投与。

 

カンジタ症

ウイルス性口内炎

口内炎

カンジタ菌ウィルス、による口内炎:ヘルペスウィルスや、手足口病で知られるコクサッキーウィルスィルス、カンジタ菌。口唇・歯肉・舌・口蓋にできます。小さな水疱が出来、それが破れてびらんになったりして、発熱 したり、強い痛みをもったりします。 治療は殺菌剤でうがい。抗ウィルス、抗カンジタ剤投与。素早い診断、早期治療が重要です。顔面麻痺の多くはウィルスが原因です。手遅れになると、治りが悪くなります。ケナログ、アフタゾロンをつけても治りません。

口内炎の治療法は何ですか?

治療は、あなたが持っている口内炎の種類によって異なります。

ヘルペス性口内炎治療

抗ウイルス薬アシクロビル(Zovirax)は、ヘルペス性口内炎を治療することができます。この薬を服用すると、感染の長さを短くすることができます。

脱水は幼い子供のための危険であるので、彼らは十分な液体を飲む。 非酸性食品や飲料の液体食を推奨します。アセトアミノフェン(タイレノール)は痛みや発熱を減らすために使用できます。

重度の痛みの場合、局所リドカイン(AneCream、RectiCare、LMX4、LMX5、RectaSmoothe)を使用することができる。 リドカインは口を麻痺させるので、嚥下、火傷、または窒息に問題を引き起こす可能性があります。 注意して使用する必要があります。

HSV-1感染は、ヘルペス性角結膜炎と呼ばれる眼の感染症になり得る。 これは失明につながる重大な合併症です。あなたが目の痛み、ぼやけた視界、および眼の放電を経験したら、直ちに治療を受けてください。

アフタ性口内炎治療

アフタ性口内炎は通常重症ではなく、治療を必要としない。痛みが大きかったり、傷跡が大きかったりすると、ベンゾカイン(Anbesol、Zilactin-B)または他の鎮痛剤を含む局所クリームを塗布することができます。

潰瘍の大発生では、シメチジン(タガメット)、コルヒチン、経口ステロイド薬などが処方される可能性があります。これらはめったに使用されず、複雑な潰瘍のためにのみ使用されます。時には、口腔炎の傷口は、デバクテロールまたは硝酸銀で燃え尽きることがあります。

癒しや潰れに長時間を要する傷口は、外出しない熱で治療が必要です。何度も何度も戻ってくる傷は、より重篤な状態または二次感染を示すかもしれません。定期的に口内炎を発症した場合は、医師に相談してください。

口内炎を患っている場合は、痛みの種類を特定することは、その治療法を知り、その広がりを防ぐために重要です。寒い痛みやヘルペス性口内炎がある場合は、カップや道具を人と共有しないでください。また、人にキスしないようにする必要があります。ヘルペス性口内炎の治療法はありませんが、症状を軽減するために投薬を受けることができます。

アフタ性口内炎は伝染性ではありません。あなたは、生活習慣の変化によって潰瘍のリスクを予防または軽減することができます。口腔炎の治療には必要ありません。

HSV-1ウイルスに感染すると、残りの人生でこのウイルスに感染します。世界中の成人の約90%に見られます。風邪をひいた人とキッスしたり食べ物を共有したりするのを控えると、感染の広がりを防ぐことができます。

アフタ性口内炎では、Bビタミン(葉酸、B-6、B-12)などの特定の栄養補助食品が役立ちます。これらのビタミンが多い食品も役立ちます。ビタミンB群の高い食品には以下のものがあります:

  • ブロッコリ
  • ピーマン
  • ほうれん草
  • ビーツ
  • 子牛の肝臓
  • レンズ豆
  • アスパラガス

適切な口腔衛生も重要です。また、これらの食品が過去に大流行を引き起こした場合は、酸性食品またはスパイシーな食品を避けるべきです。アウトブレイクを避けるもう1つの方法は、食べている間は話すことができないようにすることです。これにより、頬を噛む機会が増えます。デンタルワックスは、リテーナーやブレースのような歯科用器具の端を滑らかにすることができます。ストレスが引き金になるようであれば、リラクゼーション・エクササイズが役立ちます。

症例と患者さんの声

CASE1.70代女性

症状・治療内容

他院で4か月間、口内炎のためケナログ塗布。治らないので、来院。カンジタのため、ケナログを中止し、抗真菌剤を投与。

患者さんの声

2日目ぐらいから、小さくなり、治りました。4か月間苦しんだのがうそのようです。

CASE2.40代男性

症状・治療内容

のどが痛くて、来院。ウィルス感染のため、抗ウィルス剤投与。抗生剤では治りません。

患者さんの声

2日目ぐらいから、腫れがかなり引きました。痛みもなくなました。素早い対応がよかったです。

CASE3.40代女性

症状・治療内容

検診の時、偶然カンジタ症が発見。痛みなし。抗真菌剤を投与。

患者さんの声

2日目ぐらいから小さくなり、治りました。悪化しなくてよかったです。

CASE4.40代男性

症状・治療内容

検診のため来院。左側口蓋にウィルス感染。痛みなし。抗ウィルス剤投与。

患者さんの声

2日目ぐらいから、腫れが引きました。悪化すると、顔面麻痺になるらしいので、よかったです。

蜂窩織炎

蜂窩織炎

蜂窩織炎は、しばしば連鎖球菌およびブドウ球菌によって引き起こされる細菌感染症です。蜂窩織炎は、細菌が目に広がり視力喪失を引き起こしたり、脳に髄膜炎を引き起こしたりするため、非常に危険です。 蜂窩織炎は、目、鼻または頬の上または周囲の皮膚に最も頻繁に影響を及ぼす顔面の発赤および腫脹の出現によって診断されます。蜂窩織炎は、細菌が広がるのを防ぐために、症状が観察されるとすぐに抗生物質による迅速な治療が必要です。

皮膚の症状

顔面蜂窩織は皮膚の深部組織層に感染し、皮膚を赤くして腫脹させ、発熱を伴う場合があります。 毛穴は拡張され、通常よりも大きく見え、皮膚にオレンジピールのような外観を与えます。皮膚の腫れた部分は触れると非常に痛いかもしれません。顔の腫れた肌も非常にかゆい場合があります。ときには舌が腫れ、暖かく違和感があります。頸部のリンパ節は非常に柔らかくて触れることがあります。感染が広がり始めると、感染の領域から赤い筋が見えることがあります。赤くなった部分には、大きな水疱が現れることがあります。

全身症状

発熱、悪寒、倦怠感、過敏症、頭痛、混乱、身体の痛みおよび不快感は、蜂巣炎の一般的な症状です。食欲不振、吐き気、嘔吐も起こることがあります。.発熱は頻脈と呼ばれる脈拍数の上昇を引き起こす可能性があります。蜂窩織炎が未検査のまま広がっていると、血圧が危険なほどに低下し、ショックが発生することがあります。

目の症状

目の周囲に蜂巣炎がある場合、眼瞼は腫れて閉鎖し、光沢のある赤色または紫色である可能性があります。 .眼周囲の領域に影響を与える眼窩蜂窩織炎は、かなり深刻です。目の周りの蜂巣炎は、目を動かす際の視力低下や痛みを引き起こす可能性があります。.目が膨らんで見えることがあります。視神経の損傷による恒久的な視力喪失を防ぐためには、即座の治療が必要です。

抜歯、外科手術による顎の薬物関連骨壊死

顎の薬物関連骨壊死(MRONJ)は、重度の副作用であり、患者の顎顔面領域における進行性の骨破壊からなります。ONJは、2つの薬理学的作用物質、再吸収防止剤(ビスホスホネート(BP)および核因子κ-Bリガンド阻害剤の受容体活性化剤を含む)および抗血管新生剤 によって引き起こされます。

MRONJの病態生理は完全には解明されていません。炎症や感染、微小外傷、骨再構築の変化または骨吸収の抑制、血管新生阻害、軟部組織BP毒性、口腔の特異的なバイオフィルム、顎骨の末端血管新生を説明することができるいくつかの仮説が提唱されている下顎骨、免疫抑制、またはビタミンD欠乏症が含まれます。

歯科的スクリーニングおよび適切な治療は、再吸収または抗血管形成治療下の患者、または投与開始前の患者における骨壊死のリスクを低減するために必要です。

MRONJの治療は一般的に困難であり、このため、予防はさらに重要です。 患者の最良の治療法を評価し決定するために、歯科医、腫瘍医、顎顔面外科医を含む多分野のチームアプローチが推奨されます。保守的治療と手術の選択は容易ではなく、ケースバイケースで行う必要があります。

しかし、初期アプローチは可能な限り控えめでなければならない。確立されたMRONJ患者の治療の最も重要な目標は、主に感染、骨壊死の進行および痛みの制御です。顎の薬物関連骨壊死(MRONJ)は、重度の副作用であり、患者の顎顔面領域における進行性の骨破壊からなります。

顎関連薬剤の薬物依存性冠動脈造影

顎の骨壊死(ONJ)は、再吸収阻害剤(ビスホスホネート(BP)および核因子κ-Bリガンド(RANK-L)阻害剤の受容体活性化剤を含む)および抗血管新生剤の2つの薬理学的作用物質によって引き起こされます。

BPは、分子中にアミノ官能基が存在することに基づいて、アミノビスホスホネート(NBP)および非NBPに分けることができる。NBPsはONJに関与します。

顎関連薬剤の薬物関連骨壊死

静脈内(IV)BPは、悪性腫瘍の高カルシウム血症、固形腫瘍からの骨転移に関連する骨格関連事象、および多発性骨髄腫に関連する溶血性病変の管理のために使用されます。[ 3,4,5,6 ]

経口BPは、骨粗しょう症[7]、骨減少症[8]、またはパジェット病および骨形成不全など他のあまり一般的でない状態を治療するために使用されます。[9]

RANKリガンド阻害剤(デノスマブ)は、破骨細胞機能を阻害し、骨吸収を減少させ、骨密度を増加させる再吸収治療薬です[10,11]。骨粗鬆症または転移性骨疾患の患者に使用されます。 抗血管新生薬は血管新生シグナル伝達カスケードを阻止し、新規な血管の発達を妨げ、基本的にレセプターまたは成長因子(ベバシズマブ)を停止するモノクローナル抗体およびチロシンキナーゼ受容体(スニチニブおよびソラフェニブ)を結合することによってブロックを決定する小分子の2種類の薬物に分けられます。他の抗癌剤送達を促進すると仮定されています。[12]

MRONJの病態生理は完全に解明されていません。[13,14]顎への独特の局在を説明できる仮説がいくつか提唱されています:炎症または感染、微小外傷、骨再構築の変化または骨吸収抑制、血管新生抑制、口腔の特有のバイオフィルム、下顎骨の末端血管新生、免疫抑制、またはビタミンD欠乏症が含まれます。[13,15,16,17,18]

局所因子、基礎疾患、投薬の種類などの3つのリスク要因が考慮されるべきです。 MRONJの疾患頻度の値を説明するためには、治療上の適応症(骨粗鬆症/骨減少症および悪性腫瘍)と投薬の種類(BPおよび非BP)の2つの基準を考慮する必要があります。

ゾレンドロネートで治療された患者のONJリスクは、プラセボで治療された患者よりも50〜100倍優れている。 デノスマブで治療したがん患者のMRONJリスクは、ゾレンドロネートに曝露された患者のONJの可能性と似ています[13,19]。MRONJのリスクは、投薬と投与に基づいて異なります。

ONJのリスクが類似していても、BRONJとDRONJ(デノスマブ関連ONJ)の間には大きな違いがあることを強調することが重要です。BRONJは、33ヶ月の平均投与(癌患者におけるIV投与)または48ヶ月(骨粗鬆症患者における経口投与)後に生じます。DRONJは、以前の投与回数とは無関係に、治療後早期に起こります。

したがって、RANK-L阻害剤を使用した後のONJリスクは毎月減少し、BP薬は数年間安定している。BRONJのリスクは、治療期間および投薬の総量に直接関係しています。口腔外科手術は、MRONJの最も大きな危険因子の1つであり、いくつかの著者によると、52〜61%の患者が歯の抜去を沈降事象として報告している[20,28]抽出は0.5%です。IV BPで治療された癌患者のONJリスクは1.6%〜14.8%の範囲です[29]。MRONJは下顎に73%、上顎には22.5% 症例の4.5%に両方の顎を伴います。