歯周病治療

各種保険取扱

お電話はこちら

歯周病・予防治療:NX(Nodaxacin)100システム

歯周病

2008年FDI世界歯科大会(スウェーデン:ストックホルム)で、歯周病治療薬Nadaxacin発表しました。
その時、スウェーデンでは、次亜塩素酸水による超音波殺菌療法+うがいによる歯周病・予防治療がありました。

ただ、唯一欠点は、次亜塩素酸水はpH5.8~6.2弱酸性です。歯は酸に弱いです。
そこで、私はその欠点を改良し、次亜塩素酸カルシウムイオン:NX100を研究開発しました。

pH9、弱アルカリ性です。私自身、既に9年近く使っているが、very goodです。
歯周病は、20歳以上で70%以上の方が罹っていると言われています。しかし、歯周病は痛みが出にくく、気がついた時には歯を抜かなければならないこともあり、そうなる前に防ぎたいものです。

歯周病

これらの一項目に該当する方は歯周病または、その予備軍になっている可能性が高いと思われます。

歯周病にかかると歯ぐきは赤く腫れ、歯ぐきから血が出ます。そのまま放置しておくと症状はますます悪化していきます。この様に歯周病は主に歯ぐきと歯の間のブラッシングがきちんと出来ていないのが原因となります。

当院では日本高度医療研究会が研究開発した次亜塩素酸Ca²+(NX100)で歯周病菌を殺菌いたします。

歯周病の状態

健康な歯周組織

歯周病

健康な歯周組織の状態です。

歯肉炎

歯周病

歯肉炎の状態です。
歯肉が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりすると出血します。

歯周炎軽度

歯周病

軽度の歯周炎の状態です。
歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出て口臭を感じる場合があります。

歯周炎中等度

歯周病

中等度の歯周炎の状態です。
歯周ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨といわれるところが先端部より溶けてきます。口臭もみられ、歯が浮いた感じがします。歯がぐらついてきます。

その後、重度の歯周炎になってしまうと歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがますますひどくなります。

口内炎・歯周炎の治療法

歯ブラシ

口内炎・歯周炎ができてしまった場合には、アフタゾロン、ペリオクリン、またはNodaxacin(ノダキサシン)を患部に直接塗布します。
抗菌性のあるプロポリス、松塩、竹塩、ユーカリが含まれたハミガキで歯を磨くことも有効です。

歯ブラシは毛先が0.01mmの極細のものを使って下さい。

歯周病治療(NX100システム)
(次亜塩素酸水超音波+カルシウムイオン治療)

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は従来のうがい薬や殺菌薬では不可能だったバイオフォルムを破壊し、口臭の原因である歯周病菌や虫歯菌を、毎日10~30秒のうがいでほぼ完全に殺菌することができる殺菌水で、人体の白血球や細胞と同じ成分であるため、強い殺菌力に反して体への影響はほとんどなく、歯周病治療やそれに伴う口臭除去に高い効果が期待できます。

また、従来のうがい薬や殺菌薬は酸性のものが多く、酸が歯を溶かす可能性もありました。これに対し次亜塩素酸水はpH5.8~6.2、NX100はpH9、歯を溶かす心配はありません。さらに副作用が少なく、安全性が高い。

次亜塩素酸水超音波+カルシウムうがいだけでは取り除けない歯周ポケットの深部まで、殺菌します。

例えば、お風呂の黒カビのようにブラシ+洗剤でこすっても取れないように、お口の中で、細菌が繁殖しています。年に数回、クリーニングをおすすめします。

細菌をゼロにする 洗口剤の酸性度

次亜塩素酸水約pH6、当院で使う次亜塩素酸水+カルシウムイオンはpH9(アルカリ性)です。歯は溶けず、お口の中の歯周病菌や虫歯菌を殺菌します。

歯周病にかかった状態 歯周病にかかった状態

超音波で歯周ポケットを殺菌

信頼できる、確かな効果

次亜塩素酸電解水は、スウェーデン王立イエテボリ大学の医師たちも使用しており、『従来の洗口剤や殺菌水に比べて、虫歯菌や歯周病菌をほぼ完全に殺菌できる』という研究結果を基に使用しています。

従来の次亜塩素酸水と異なり、当院ではカルシウムイオンを入れ、歯の強化、抗菌剤(Nodaxacin:FDI世界歯科大会inスウェ-デンで発表。2013年日本人で初めて国際特許を取得)で歯周治療、さらに、重度の歯周病の部分に抗菌性骨誘導体(Nodasatosin: FDI世界歯科大会inポーランド発表)を入れ、骨の吸収がある場合、骨移植し、治療していきます。

Nodaxacin(ノダキサシン)とは?

ノダキサシン

Nodaxacin(ノダキサシン)は2008年9月25日、ストックホルムで行われた国際歯科連盟大会にて発表した歯肉炎、歯周炎、口内炎の治療薬です。国際特許出願済みです。

抗菌性骨誘導体で、歯周病・歯周膿瘍・インプラント治療に使用します。

Nodaxacin(ノダキサシン)の症例

症例
症例

お口の中は歯周病菌でいっぱいです

顕微鏡

お口の中は様々な菌がたくさん存在しています。当院ではより精密な治療をするために顕微鏡を使用して菌のチェックをしています。

歯周病に関するQ&A

Q.歯周病の症状チェックは?

A.歯周病の典型的な症状が歯茎(歯肉)から出血することです。

歯磨きしたときに歯ブラシに血が付いていたり、硬いものを噛んだときなどに食べ物に血が付いた、または歯茎から出血していたら要注意です。
 

Q.歯ブラシの取りかえる時期は?

A.毛先が1mmくらい開いたら、歯ブラシを取り替えてください。

古い歯ブラシを使用すると、歯肉を傷める可能性があります。

毛先が極細(0.01mm)で、良質なハブラシを使用して下さい。安価なものは避けて下さい。
 

Q.3DS法(クロルヘキシジン)、NX100(次亜塩素酸Ca²+)法とは?

A.3DS法をさらに改良した治療法がNX100法といいます。pHをコントロールし、口内を酸性からアルカリ性にあげる究極の方法がNX100法(日本高度医療研究会開発)です。

3DS法(クロルヘキシジン)は2008年まで行っていましたが、NX100法(次亜塩素酸Ca²+)の方が殺菌力があるので現在はこの方法を行っておりません。

歯周病で歯を抜かないようにするために

歯周病は大きく分けると歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎に分けられます。

多くの方は「歯肉から出血する、腫れる、歯がグラグラする、痛い」といった自覚症状を感じられてから、歯科医の診察を受けに来られます。しかし、このような症状があるときは、かなり進行している場合が多く、手遅れの場合も少なくありません。さらに、そのまま放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くといった最悪のケースも多々あります。

このようにならないための予防としては、毛先が細く、こしのある良質な歯ブラシや電動歯ブラシで、歯および歯周ポケットを丁寧に磨くことが大切です。正しい歯ブラシを選ぶことで、清掃効果が高まります。

最新のスウェーデンの治療法としては、次亜塩素酸水+超音波で歯周病菌、虫歯菌を殺菌する治療+うがい療法があります。

また、骨が少なくなっている場合骨の移植+抗菌性骨誘導体による骨の再生培養治療法があります。

当院では、こうした最先端の治療法をはじめとした、できるだけ歯を抜かないで済む方法をご提案します。