入れ歯

各種保険取扱

お電話はこちら

入れ歯

金属床義歯

中高年以上の方が1本も歯を失うことなく、ご自分の歯でおいしく食事ができ、健康に生活できることは理想的です。しかし残念ながら現在、一生ご自分の歯で噛んでいくことは、ほとんど不可能な状態にあります。

すでに何本も歯が抜けて残り少なくなってしまった方、部分入れ歯の本数が増え、入れ歯が大きくなり違和感がある方、重症の歯周病で歯がグラグラしてしっかり噛めない方、ご自分のお口の将来に不安を感じられている方が多いのが現状です。

よく噛めないと、十分噛み砕かずに飲み込む状態になるので、胃腸に負担がかかり、栄養吸収が不十分になり、体調が崩れるなど病気になりがちになります。
そうならないためにも、残りの歯に負担が少なく、審美的、機能的に優れたシリコン義歯、インプラント+義歯インプラント+ブリッジ、ノンクラスプ義歯などがあるので、最適な治療を専門医に相談してください。

義歯で快適な生活を

義歯を入れた当初は慣れるまで、食べにくく、発音しにくくなります。
特に総入れ歯になるとその影響は大きく、余計に違和感を感じます。
食べ物を小さく切ったり、硬く引き裂く力が強いものは避けて、柔らかいものから口にいれて、徐々に慣らしていきましょう。

義歯を装着しはじめると、義歯の一部が歯肉にあたる場合があるので、あたっているところを削ります。
そこで、数回の調整をおこない、徐々に自分の口内に合う状態を作ります。
ただし、義歯には厚みがあり、お口の中が狭くなるので、舌の運動範囲が狭くなります。
大きい義歯になればなるほど、発音に障害がでてくるということですね。

金属床

メリット

入れ歯を支える部分を床といいます。この床を金属で作った入れ歯が金属床の義歯です。
金属で作られているため、丈夫で割れにくく適合性に優れています。
また薄いので、通常の義歯より違和感が少なく使用できます。

保険の入れ歯の厚み1.5~3mm
金属床      0.2~0.5mm

金属床

入れ歯のデメリット

下顎の骨減少

歯が抜かれると、他の歯が弱くなります。 同じ領域で多くの歯を抜くと、下顎の骨が失われることがあります。 骨の損失がますます増加すると、動脈は尾根の上部に移動し始めます。義歯を使っていると、同様に、骨が吸収します。

金属床

骨の損失

数多くの歯を失った患者さんの中には、骨の萎縮に直面するものがあります。 長年に渡って、患者の顔の特徴をひどく歪める点まで骨の損失が速やかに起こり続けます。 歯科インプラントは、骨組織および欠損歯を修復するために補綴物をサポートします。 しかし、神経が歯肉組織の近くにあるために、特に自然な骨の量がもはや存在せず、再形成のために骨量を挿入しなければならない取外し可能な義歯を使用しているため、幅、高さが減少し、義歯の安定、インプラントに埋入は困難になります。

料金

コバルトクロム床 ¥250,000~¥360,000
窒化チタンプレーティング床 ¥300,000~¥410,000
(アレルギーが少ない)
チタン床 ¥350,000~¥460,000
(アレルギーが少ない)
ゴールド床 ¥450,000~¥560,000
シリコン床 +¥50,000加算

ノンクラスプ・スマイル義歯(見た目重視の方に最適)

弾力性のある床で維持させるため、審美的に非常に優れた義歯です。軽量なので、異物感を抑えることができます。スーパーポリアミドナイロンを使用しています。

ノンクラスプ義歯 ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ・スマイル義歯 ¥100,000~

入れ歯を入れて噛むと痛むことはありませんか?

歯槽骨に鋭利な部分があり(歯肉の内部に骨があるので肉眼では見えない)、噛むと疼痛が生じる義歯を使用されている方がいらっしゃいます。

これは垂直方向あるいは水平方向に義歯へ圧力が加わるので、義歯内部のあたる部分を削っても疼痛をとるのに限界があります。

特に、総義歯に近く大きな欠損のある場合、ひっかけて固定する歯が少ないと、動揺して不安定な義歯になりやすく、一般のX線では骨の上下の幅は確認できますが、前後的、頬舌的な厚み、先端部の鋭利な部分はCTでも判断することが困難な場合があります。

インプラント(人工歯根)の手術で実際、骨の状態が予測できないくらい針の山のようになっているケースも多く、その場合は骨の鋭利部を削除し、疼痛を軽減します。

義歯に関するQ&A

Q.義歯(入れ歯)の材質は?

A.プラスチック、金属のフレーム、シリコンを裏面に入れ、やわらかい弾性の義歯、審美的義歯(引っかける所がプラスチックなので、見た目がきれいな義歯です。金属床:コバルトルロム、チタン、チッ化チタン床、白金加金床があります。できるだけ、体に安全な材質をお選び下さい。

Q.義歯の注意点は?

A.食事をした後は必ず義歯をはずして清掃しましょう。
バネの部分や表面はかなり食べ物の残りかすがつくので、細菌の繁殖につながります。
寝る前に入れ歯くをよく洗い、入れ歯洗浄剤で洗浄してください。
また、就寝時に義歯を装着する場合は、目に見えない磨き残しがあるとトラブルの原因になるので、より清潔に保つように心がけてください。

症例と患者さんの声

CASE1. インプラント+総入れ歯 / 90代男性

症状

他院で総入れ歯を作ったが痛くて噛めない

インプラント総入れ歯1

インプラント+総入れ歯を入れて(入れ歯の下にインプラントが入っている)

インプラント総入れ歯2

入れ歯をつくりなおして、何でも噛めるようになりました

CASE2 総入れ歯 / 80代女性

症状

総入れ歯を作ったが痛くて噛めない

金属のフレームにシリコンを裏面に入れ、義歯を作成。

入れ歯をつくりなおして、硬いものも噛めるようになりました。