顎関節症

各種保険取扱

お電話はこちら

顎関節症・はぎしり

顎関節症は放置しても治りません。ストレス(仕事、入学試験、人間関係)、管楽器の演奏、かみ合わせ、くいしばり、睡眠時の姿勢からくる場合が多いので、下記の症状があればなるべく早期に検査したほうがよいでしょう。

顎関節症の症状

顎関節症とは、咬み合わせの異常などに起因する顎の関節部を主として起こる痛み、違和感、運動障害等の疾患です。
以下の図の症状にいくつかあてはまる方は顎関節症及びその関連の疑いがあると思われます。

顎関節症の症状

一見すると歯に関係ない症状でも咬合(咬み合わせ)が不安定な場合、上記の様にさまざまな疾患に影響を及ぼします。
これらの症状に心当たりがある方は専門医に相談し、レントゲン及び、咬み合わせの状態などを検査し、原因がどこにあるかを調べましょう。原因がわからないで対処療法ばかりやっていると、その場は痛みが軽減される場合もありますが、知らないうちに悪化し、口が開かなくなり、手遅れになる場合があります。適切な治療を受けて下さい。

顎関節症による痛み

痛みの出る部分

痛みの出る部分

1. 側頭筋

2. 顎関節周囲組織・外側翼突筋・咬筋深部

3. 咬筋浅部・側頭筋突起停止部

4. 後頚部筋

痛みが出るまでのプロセス

痛みが出るまでのプロセス

顎関節症の診査、診断

顎関節症の診査、診断

顎関節症の診査は、顎関節部以外の部位にも疾患や症状があらわれる場合が多いです。

例えば、首、肩、腰、目、耳鼻、顔の筋肉、神経等の有無も影響してきます。
顎関節部では関節音(カクカク音がするなど)、開口幅(何cm口があけられるか)、痛みの部位(顎を動かす筋肉および頭部、顔面部、頚部、肩)異常を検査します。

かみ合わせも重要な診査の一つで、石こうで模型を作り、異常の有無を調べます(正中のずれ、高さ、強く当たっている部分、歯の歯列、口の開閉運動時における切歯の運動軌跡、不適合な義歯の状態等)。

レントゲンは目に見えない関節内部を診査するためには必要で、顎関節部の位置関係、骨の退化及び変位等を調べます。

この様な診査、診断をした上で、顎関節症の治療法を個別的に進めていきます。

レントゲン写真 レントゲン写真

関節円板がずれている

関節円板がずれている

関節円板に穴があいている

関節円板に穴があいている

下顎頭が変形している

下顎頭が変形している

顎関節周辺には神経、血管があります。

#

顎関節周辺の神経

#

体幹上半の動脈

(Rauber-Kopsch解剖学より)

形状記憶バイトプレートの治療及び顎関節の矯正

歯ぎしりおよび食いしばりは、無意識に歯と歯同士をこすりあわせたり、歯を強く咬み合わせることによって色々な症状が起こり、特に強い側方圧が加わることにより歯周組織が破壊され、顎骨の大きさが左右異なるぐらい肥大したり、長さが短くなることもあります。
また歯の表面がすり減って摩耗し、歯の鋭角な部分が削られ、特に力が加わっている歯は動揺が見られます。 その場合歯周組織が破壊され、虫歯でもないのに抜かなければならないこともあります。
顎を動かす筋肉は寝ているときでも働いているため、マラソンで言いかえれば、ずっと走り続けているのと同じで、朝起きたとき疲労感があり、痛みも伴い、頭痛、耳の周辺の筋肉痛や首・肩がこるといった症状が出る場合もあります。
睡眠時、上向き・横向き・枕の高さによる頸椎の位置・布団の堅さ・ベッドのスプリングの状態により、咬み合わせは左右され、正確に判断できないので、形状記憶バイトプレートによる診査、及び治療が重要になります。
ストレスによる筋肉の緊張によって起こる歯ぎしりは、原因を解決あるいは軽減する必要があります。
歯ぎしりは音がするものだと思っている方も多いのですが、音がしない歯ぎしりをしている可能性はかなり高く、わずかな側方圧力でも、形状記憶バイトプレートによる印記、診査は重要な判断となります。

形状記憶バイトプレート

歯ぎしり、くいしばりが寝ている時でも記録されます。
その後、調整します。

関節円板:コラーゲンと呼ばれる線維のかたまりで、血管や神経がありません。開口時には下顎頭が下顎窩からさらに前に出るように動きます。上下の骨の間にはさまることで圧力分散のためのクッションとなっているのです。薄くなると、口が開けにくくなります。

透明なバイトプレート

通常、歯科医院で上向きで調整しているため、横向きや寝返りをしていると、通常のマウスピースより予測でき、歯ぎしり・くいしばりが記録できます。

その他の治療法

  • 消炎鎮痛剤、ビタミンの投与
  • 理学療法、ハリによる治療
  • 顎関節内に抗炎症剤を注入(効果大)
  • 手術など

治療経過

1.唇が歪んでいます。

治療経過1

 

2.バイトプレ-トを入れた状態です。

治療経過2

 

3.唇がまっすぐになる

治療経過3

顎関節症と低位咬合

顎関節症と低位咬合 顎関節症と低位咬合

*低位咬合(咬み合わせが低い状態)は審美的だけではなく、様々な症状を引き起こす原因になります。
*奥歯を抜いたまま治療しないでいると、下の顎がだんだん後ろに引っ込んで、噛みあわせがずれてきます。
*特に症状が現れなくても、長い間放置すると少しずつ歯が動いてきます。
*低位咬合になると、顎関節部にも影響が出てきます。頭がい骨と下顎骨の間にある関節円板に圧力が加わり、変形します。
*症状としては、カクカク音がする、歯ぎしり、くいしばり、首・耳周辺の痛み、頭痛、肩こり、不良姿勢、腰痛、筋肉痛、脳血液循環障害、心身症、自律神経失調症などがあります。

歯ぎしり、喰いしばり

一般に、睡眠中に上下の歯をすり合わせて音を立てる動作を歯ぎしりと呼んでいます。日常でのストレスや身体的な疲労などにより起こるのが、睡眠時の歯ぎしり、噛みしめです。

  1. これにより、歯の損耗(歯の表面がすりへり、高さが低くなる)
  2. 歯槽骨の垂直的吸収、顎の周りの筋肉の疲労(頭痛、肩こり)
  3. 歯の充填物、セラミックの脱落や破折、顎関節症などを引き起こします。
  4. 朝起きた時、疲労や頭痛
  5. 口が開きにくくなる
身体を休めなければならない夜間の睡眠中に、歯ぎしり、くいしばりのため筋肉が運動し、休んでいないためです。
治療法:マウスピース、バイトプレートを睡眠中に装着します。

歯ぎしり、喰いしばり
歯ぎしり、喰いしばり
歯ぎしり、喰いしばり

頭痛と顎関節症の関係

頭痛の原因の大半は、ストレスや疲労、肩こりなどから起こる緊張型頭痛、血管性頭痛の2つで、全体の9割を占めます。その他、脳腫瘍、ウィルスが頭に入って髄膜炎を起こし、ひどい頭痛が起こることもあります。

ただ、咬み合わせの悪さによる睡眠中の食い縛り、歯ぎしりが原因の顎関節症でも頭痛が起こります。
睡眠中に食い縛り、歯ぎしりすることは、顎を動かす筋肉が寝ているときでも働いている状態で、マラソンで言いかえれば、ずっと走り続けているのと同じです。
当然、朝起きたとき疲労感があり、痛みも伴い、頭痛、耳の周辺の筋肉痛や首・肩がこるといった症状が出る場合もあります。

痛みのメカニズムとしては、歯ぎしりなどによる筋肉の緊張が筋肉収縮の異常を引き起こし、筋肉疲労、筋肉けいれんにつながります。そして、血管が収縮した筋肉によって押されて細くなり、血液によって運ばれる酸素が欠乏し、痛み(頭痛、肩こり、関節周辺)として現れるのです。
治療としては消炎鎮痛剤(対処療法)、ビタミンB、E、筋弛緩剤、バイトプレート(寝ている時の食い縛り、歯ぎしりを軽減する)顎関節の矯正、手術などがあります。
気になる症状や長期間続く頭痛がある場合は専門医に相談して適切な診断、治療を受けることをお勧めします。

顎関節症に関するQ&A

Q.顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

A.顎関節症とは、顎の関節である「顎関節」に関する疾患で、1996年に日本顎関節学会は「顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害または顎関節運動以上を主徴候とする慢性疾患の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれる」と定義しています。慢性の場合は痛みが出ない場合がありますが、徐々に進行して手遅れになることもあります。少しでも、早めにご相談、治療を。手遅れになる場合もあります。

Q.顎関節症で困っている芸能人はいますか?

A.宮崎宣子アナウンサー、牧瀬理穂さん、松浦亜弥さん、森高千里さん、小泉今日子さん、石川牧子さん、ベッキ-さんも顎関節症になって仕事を休んだそうです。

漫才コンビ「オール阪神・巨人」のオール巨人(65)が右腕が上がらなかったため、頸椎(けいつい)の骨を削る手術を受けました。

顎関節症で、顎がずれているの患者さんの100%が歯科用3Dレントゲンで頸椎がずれる、ねじれる、湾曲しているのが確認されています。 顎関節、かみ合わせ、不正咬合で顎がずれると、頸椎、胸椎、腰椎、骨盤、足の長さがずれが生じます。首、肩、腰、目、耳鼻、顔の筋肉、神経等の有無も影響してきます。

心当たりのある方は整形外科および顎関節症の専門家に相談してください。

顎関節症に関するQ&A

顎関節症、矯正の治療費

顎周辺の筋肉を補正し、下顎の歪み・ズレを改善します。

顎関節症・噛み合わせ治療

治療内容 料金(税別)
マウスピ-ス 保険
3D分析診断料 ¥30,000~
顎位矯正術(バイトプレ-ト) ¥300,000~¥700,000
フルワイヤー矯正 ¥700,000~
フルワイヤー矯正・下顎前突 ¥1,200,000~
部分矯正 ¥350,000~
部分ハイブイッドセラミック  ※すり減ります ¥30,000
オールセラミッククラウン 1本 ¥110,000
ジルコニア 1本 ¥140,000
ジルコニア・単色 1本 ※色が合わない場合があります ¥120,000
ゴールド冠 1本 ¥80,000
調整料金 ¥5,000~¥7000
ステロイド注射治療 ¥2,000

顎下顎関節機能障害

顎下顎関節機能障害?

歯ぎしり、喰いしばり

頭痛、耳のクリック、ポンピング、鳴動や圧力、めまい、顎の痛み、顎のロック、顎の制限された開口や動き、かすれ、歯の研削、破損または磨耗などの症状があります。

顎顔面関節障害(TMD)の影響を受けるTMD患者さんの53%がうつ病で苦しみ、22%は睡眠疲労および不眠症の症状が出ます。

TMJの内容は?

歯ぎしり、喰いしばり

顎下関節(TMJ's)は、顎の下顎骨が頭蓋骨の側頭骨につながっている耳の近くの顔の両側に位置しています。これらは同時に作動する体内の唯一の関節でです。すべての関節のように、関節頭と関節窩で構成されています。

関節頭は下顎の一部であり、関節窩は頭蓋骨の一部です。下顎は筋肉によって頭蓋骨に接続され、血液供給と神経は各関節窩の後部に配置されています。関節と神経のシステムが健康で痛みを伴わないようにするには、関節頭を関節窩の中央に配置する必要があります。

TMD(顎下顎の機能障害)とは何ですか?

歯ぎしり、喰いしばり

TMDは1つの障害ではなく、咀嚼筋肉および顎関節が正しく機能しないときに起こる、しばしば痛みを伴う一連の状態である。顎に関連する問題の最も一般的な原因は、不正咬合です。

悪い咬合は潜在的にあなたの歯をくすぐり、歯の整列を妨害します。この締め付けは顎の痛み(TMD)をもたらします。

顎の痛み(TMD)は二次痛です。

歯ぎしり、喰いしばり

歯の位置がずれて咬合が不安定になると、顎関節(TMJ - 顎下関節)は、通常、下顎が押し戻されることによって位置がずれていることがわかります(後脚の位置)。

結果として、筋肉は伸びてしまい、これらの不整列を補うために筋肉がより強く働かなければならない。血液供給と神経は関節窩の後ろの圧力を感じています、そしてこの筋肉の緊張は頭、首、肩、そして背中の耳の周りに広がります。

顎関節症になると、周辺の筋肉、血管、神経が圧迫され、痛みが出る

C:頚椎

歯ぎしり、喰いしばり

治療方法は?

歯ぎしり、喰いしばり

バイトプレートをメインに治療していきます。

睡眠障害と健康

・眠ったりするのに問題がありますか?
・夜のうちに数回起きますか?
・いびき?
・頭痛のために、薬を服用していますか?
・日中はいかがですか?

これらの質問に「はい」と答えた場合は、睡眠障害があるかもしれません。 まず、良い睡眠を取ることがなぜ重要かを考えてみましょう。睡眠中、サイクルがホルモンの産生をオン、オフにし、免疫システムを活性化させるため、睡眠は全体の健康にとって非常に重要です。

自然に暗闇の中で眠り、私たちのシステムを最適化するために日の中で目を覚ましているように指示します。しかし、人々は自然と調和しておらず、健康に深刻な影響を与えています。疲れが蓄積し、病気になりやすくなります。

サイクルはすべての動物の内部システムを駆動し、人間も変わりません。ホルモンや免疫系に影響を与えます。その結果、睡眠は食事やストレスをコントロールします。摂食とストレスは順番に再生を制御します。これらすべてが老化をコントロールします。

顎関節症と入学試験ストレスとの関係の評価

顎関節は、身体の最も複雑な関節の一つであり、頭頸部系において重要な役割を果たします。顎関節症に影響を及ぼして顎関節症に至る要因の1つは、すべての原因が不安につながります。この研究の目的は、不安と顎関節症との関係を明らかにすることでした。ストレスがたまると、睡眠中、自分ではコントロ-ルできないので、食いしばりしている方が多かった。

材料および方法

この研究では、被験者をランダムに選択した。130人の大学生が、不安、ストレステスト、および顎関節症アンケートのテストで評価しました。評価は、入学試験の10ヶ月前および1ヶ月前の2段階で行い、臨床的評価は咀嚼筋および胸鎖乳突筋の触診、痛みおよび雑音およびその動きに対する顎関節の触診、および口の開口であった。ランク検定とペア検定を用いてデータを分析しました。

結果:

不安の程度と顎関節障害の発生は2段階で増加し、第2段階で最高レベルを示した。 2つの段階の間に有意義な結果がでました。

結論:

2つの段階の間の顎関節障害および不安の増加は、不安と顎関節症との間の可能性のある関係が得られた。したがって、顎関節症症状の誘発における不安の影響は考えられる。

入学試験がストレスの原因になり、顎関節症の原因の一つになる

顎関節症(TMJ)障害が様々な兆候や症状を呈するという事実を考慮して、顎関節症患者の診断、制御および治療が最も困難な課題の1つです。他の様々な口腔条件を比較して、TMJ障害を有する患者において、ストレスが有意に高かったことを示した。

Manfredinoらは、ストレス測定のアンケートを用いて研究を行い、 Manfredino らは、ストレス測定質問票を用いた研究を実施し、他の様々な口腔条件と比較して、TMD患者のストレスが有意に高かったことを示した。

Madani らは、ストレスは、 TMDの有病率と結論への早期の接触、締め付け、歯ぎしりと外傷などの危険因子はあまり重要でないと結論だした。戦争後のストレスの影響を調べ、戦争を経験した100人のうち、戦争ストレスのためにTMDに苦しんでいたのは対照群よりも多いことを結論づけた。

若いイラン社会でストレスを引き起こす主な要因の1つが大学入試です。この因子を評価するためにこの研究を行った。女子大学生のストレスとTMJ障害との関係の評価は、第1段階が試験の10ヶ月前、第2段階が試験の1ヶ月前の2段階で実施された。本研究の目的は、就学前の女子学生の顎関節症と不安の関係を明らかにすることであった。

材料および方法

イスファハンの2つの高等学校から、クラスタサンプリング法を用いて130人の女子学生が選抜された。全ての学生の大臼歯の関係を一次検査で調べ、歯の咬合接触を関節接合紙を用いて検査し、早期接触をある試料を試験から除外した。

オーバージェットおよびオーババイトが測定され、異常測定値を有するサンプルが研究から除外された。すべての適格サンプルでは、質問紙を回収した。顎関節症の診断、不安検査、および試験不安検査が含まれる。

手順は、試験の10ヶ月前および1ヶ月前の2段階で実施されました。すべての生徒について、顎関節症の症状および症状の臨床的検査を行い、以下のことを行った。

  1. 機能習慣は、アンケートによって評価され、以下の段階に分けられた:bruxismを有する、clenchingを有する、両方を有する、および傍機能的習慣を有さないおよび4でそれぞれ番号指定されています。
  2. 口腔顔面痛の結果はアンケート調査および臨床検査によって達成され、下顎麻痺、頭部周りの帯状痛、耳周囲痛、眼窩周囲痛および痛みのない段階で、 1、2、3、4、5でそれぞれ指定します。
  3. TMJにおける疼痛および雑音の検査のための側方および後方の触診が、開口および閉口の状態で行われた。右耳の前痛、左耳の前痛、両耳の前痛、右耳の痛み、左耳の痛み、両耳の痛み、痛みのない痛み、および音なしの結果の以下の段階が達成された。でそれぞれ番号指定されています。共同雑音は患者から評価され、雑音のタイプは質問者から診断され、クリック音とカクカク音に分けられた。また、サンプルから尋ねることにより関節の騒音を評価し、クリック音とカクカク音に分割した。
  4. 咀嚼筋の痛みは、検査と質問によって評価された。 咀嚼筋における痛みの評価と到達段階 。
  5. 口の最大開口部を測定した[。 次の段階の結果が得られました。の間の開口度、2.5以上、4.5mm未満の開き。 痛みのない最大開口部の測定
  6. 不安のレベルは、各学生について2つのアンケートを使用して測定した。

収集されたすべてのデータは、統計的に分析された。2つの試験期間の間に顎関節症の比較のためにWilcoxonの歌ったランクテストを用いた。ペアの検定は、10月から5月の不安テストと試験不安テストの比較に使用し、すべての分析において統計的に有意であると考えられた。

結果

不安検定と両試験期間に行った試験不安検定の平均結果を比較した。

10月と5月のケテル試験と試験不安試験の平均結果を比較した。

不安テストの結果を比較すると、不安の量は5月(41.8)から10月(37.25)に大幅に増加した。ストレステストの比較は、5月から10月にかけて有意な増加を示した。

を使用して、10月と5月の両側顎式検査の平均結果を比較した。 この知見は、10月および5月の傍機能習慣、頭部および顔面の痛み、TMJの痛みおよび痛み、咀嚼筋痛および側方および突出運動の制限が有意に異なることを示した。また、胸鎖乳突筋痛の測定値、顎の開口部のずれ、および口の最大開口部の間に有意差がなかったことも示された10月と5月。

たとえば、TMDの徴候および症状のほとんどが顕著に増加していた。咬筋の筋肉の痛み、肩の痛み、顔面の痛み、胸骨筋肉痛(0.00~、胸骨筋痛、突出運動の制限、側方運動の制限) 。

討論

TMDは、痛み、異常な音、および咀嚼における不快感と通常関連する口腔領域における最も一般的な障害の1つである。咀嚼系とTMJに影響を与え、傍機能習慣を誘発することができる心理的要因。

本研究は、ストレスとTMJ障害との関係を研究することを目的とした。大学入試がストレス要因として選ばれ、女子予備校の学生への影響が2つの決定された調査間隔で評価された試験前の月)。

統計学的研究は、10月から5月の間に不安テストのグレードが有意に増加した( P = 0.000)ことを示した。 5月にはKonkourに近いほどストレスのレベルが高くなり、TMJ障害のレベルが高いことを表しています。

この研究で行われた評価と、10月から5月の間の歌と症状の有病率の差に関して、ストレスとTMJ障害との間に直接的な関係がある可能性があると結論付けることができる。

この問題について多くの研究が行われ、TMJ障害に対するストレスを含む心理的要因の影響が調査された。

慢性TMD患者は精神科検査で高いレベルの不安を抱えて評価され、顔面および頭部の痛みはストレスと関連していることが示された。この研究と同じ結論は、ストレスは重要なTMDの発生率に影響を及ぼす因子の一つです。

若者(若年者)のTMDとの不安が有意な関係にあると結論した。すべてのバックグラウンド因子はこの研究と同じに省略され、両研究の結果は同じであった。

顔面痛を有する個体における不安のレベルは、この研究の結果と一致する有意に高かったことを示した。

MehdizadeとMadaniはTMDを開始するさまざまな要因を比較し、すべての要因の中で心理的要因が最も重要であると結論づけた。

心筋痛患者の圧痛閾値に及ぼすストレスと不安の影響を調査し、ストレスと本研究の結果と一致するTMJの異常の音との間に有意な関係があることが分かった。

戦争に参加しストレスを経験した大部分の人々は、他者と比較して有意に高いレベルのTMDを有することが分かった。

実施されたすべての研究は、ストレスがTMJ障害の発症の有効な因子であることを示した。

結論

10月から5月にかけての歌唱や症状の有意な増加に関して、ストレスはTMJ障害を生じる可能性がある。TMJ障害患者の検査ではストレスを含む心理的要因を考慮する必要があり、TMJの完全な評価を行う患者との良好な社会関係があると結論付けることができる。ストレスを感じている学生には、TMDの徴候や症状を説明する必要があります。

アフマド・モッターギ、モハマド・ラザヴィ、エルハム・ザマーニ・ポズベ、ミラド・ジャハン・マイガガダム
Dent Res J(イスファハン) 2011年12月 8(Suppl1):S76-S79。 記事 PubReaderの 引用