美容歯科

各種保険取扱

お電話はこちら

美容歯科

ダイヤモンドティース

ダイヤモンドティース

欧米では上流階級の一部の間で、歯のビューティーアートが広まりつつあります。
ネックレス、指輪、眼鏡、イヤリング、ピアスなどに宝石を使用するのはポピュラーになってしまい、おしゃれ感覚で、より美しく、より注目されたのが、ティース・ビューティーアートです。

ティース・ビューティーアートとは、歯の表面に天然石(ダイヤモンド、ルビー、サファイヤなど)を貼り付け、装飾する一種の芸術であり、その最先端を行くのが、ゴールドスパークリングジェル(光り輝く宝石という意味。アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、ドイツ、ベルギー特許登録)

ただ貼り付けただけ、埋め込んだだけの死んだダイヤは美しくありません。
自然な美しさは、壱番館歯科クリニックだけ(日本高度医療研究会が研究開発)

ダイヤモンドティース

ダイヤモンドは病気や不幸から守り、永遠の愛を象徴するといわれ、結婚の儀式やお守りとしても用いられてきました。
高い純度と硬度は、高いエネルギーを引き寄せるともいわれ、持ち主に成功と幸福をもたらすといわれています。そのパワーは、持ち主の精神性が豊かであればあるほど、強力なものになると信じられています。

結婚式、パーティー、卒業式で、ダイヤモンドのように輝いてみませんか、自分だけの、人と違った感覚で、ひときわ目っだってみませんか。

ダイヤモンドティースに関するQ&A

ダイヤモンドティースで注意することは?

おせんべい、ビーフジャーキー、スルメなど前歯で噛み切るものは小さくしてからお召し上がりください。

ダイヤモンドは外すことはできますか?

一度埋め込んだダイヤは外すこともできます。削った部分に歯と同じ色の材料で、埋めてキレイになります。

料金

ダイヤモンド70,000円
人工ダイヤモンド(ジルコニア)35,000円
クリスタル5,000円~30,000円

使用例

ダイヤモンドティース ダイヤモンドティース

結婚式、卒業式、パーティーにダイヤモンドティ-ス

ダイヤモンドティース

モデル、芸能人並みの美しさをGet!

ダイヤモンドティース

結婚式にダイヤモンドスマイル

ハロウィン、ダイヤモンドティース(ダイヤモンド歯)で輝く

ハロウィンは秋から冬の間を跨いで、たくさんの人生と死、お祝いと迷信の時です。 人々が焚き火を灯し、徘徊する幽霊を救うために衣装を着るサハインの古代ケルト祭典に由来すると考えられています。

8世紀には、教皇グレゴリー3世が11月1日をすべての聖人と殉教者を称える時と定めました。 休日、すべての聖人の日、Samhainの伝統のいくつかを取り入れた。その前の晩は、オール・ハリウズ・イブとそれ以降のハロウィーンとして知られていました。

時間が経つにつれて、ハロウィーンはトリックやトリートメントなどの子どもに優しい活動によって特徴付けられる、世俗的なコミュニティベースのイベントに発展しました。 世界中のいくつかの国では、日数が短くなり、夜が寒くなるにつれて、集まり、衣装、甘いお菓子などで冬の季節に案内され続けます。

米国で毎年販売されているキャンディーの4分の1がハロウィーンのために購入されています

ダイヤモンドティース

イベントを記念して、ドルイドは巨大な神聖な焚き火を作りました。そこでは人々が作物や動物を焼いてケルト神々の犠牲にしました。 お祝いの間に、ケルトは、典型的には動物の頭と皮からなる衣装を着て、お互いの運命を伝えようとしました。お祝いが終わったとき、彼らは夕方早く消えた暖炉を、冬の間に守るために神聖な焚き火から再点灯しました。

ローマ帝国はケルト領土の大部分を征服しました。 彼らがケルトの土地を支配した400年の間に、ローマの起源の2つのフェスティバルが、サハインの伝統的なケルトのお祝いと組み合わされました。 最初のものは、10月下旬にローマ人が伝統的に死者の通過を記念した日、フェラリャでした。 2番目は、果物や樹木のローマの女神、ポモナを称える日でした。 ポモナのシンボルはリンゴであり、この祭典をサムハインに取り入れることは、今日ハロウィーンで行われているリンゴの「ボブ」の伝統を説明していると思われる。

西暦609年5月13日、教皇ボニファス4世は、すべてのキリスト教徒の殉教者を称えるためにローマにパンテオンを捧げ、西洋の教会には全殉教者の日のカトリック祭を設立しました。 教皇グレゴリー3世(731-741)はその後、すべての聖人とすべての殉教者を含むようにフェスティバルを拡大し、5月13日から11月1日に服従を移した.9世紀までに、キリスト教の影響はケルト地方に広がり、古いケルト族の儀式と混ぜ合わされ、代わりになった。

1000年のADで、教会は死者を敬うための11月2日の「すべての魂の日」を作るでしょう。 今日、教会は死者のケルト祭典を関連するが教会が認可した休日に置き換えることを試みていると広く信じられている。 すべての魂の日はSamhainと同様に大きな歓声、パレード、そして聖人、天使、悪魔のような衣装でドレスアップされました。 オールセインツの日のお祝いは、オール・ハリウッド(オール・セインツの日を意味する中東英語Alholowmesseから)と呼ばれていました。その前の夜、ケルト宗教のサムハインの伝統的な夜、オール・ハリウズ・イブそして、結局、ハロウィン。

ハロウィーンの祝賀式典はニューイングランド植民地時代に厳格なプロテスタントの信念システムのために極端に限られていました。 ハロウィンはメリーランドと南部の植民地ではもっと一般的でした。 異なるヨーロッパの民族集団やアメリカインディアンの信念と習慣が網羅されるにつれ、はっきりとアメリカのハロウィーン版が登場し始めました。

最初のお祝いには、「遊びパーティー」、収穫を祝うために開催された公的行事、隣人が死者の話を共有したり、お互いの運勢を伝えたり、踊ったり、歌ったりします。 植民地時代のハロウィンのお祭りには、幽霊の物語やいたずらをすべての種類のものとして伝えています。 19世紀半ばまでには、毎年の秋の祭典が一般的でしたが、ハロウィーンはまだ全国で祝われていませんでした。

19世紀の後半には、新しい移民がアメリカに流入しました。 これらの新しい移民、特に1846年のアイルランドのジャガイモの飢饉を逃れた何百万人ものアイルランド人が、ハロウィーンの祝典を全国的に普及させるのを助けました。 アイルランドとイギリスの伝統を踏襲して、アメリカ人は衣装を着て家や家に帰り、食べ物やお金を求めるようになりました。これは今日の "トリック・アンド・トリート"の伝統になりました。 若い女性は、ハロウィーンでは、彼らが将来の夫の名前や外見を、糸、りんごの談合や鏡で披露することで神を信じることができると信じていました。

1800年代後半には、幽霊、いたずら、魔術についてよりも、ハロウィンを住まいとなり、地域社会や近所の集まりについてハロウィーンを形作る動きがあった。 世紀の変わり目に、子供と大人のためのハロウィンパーティーがその日を祝うための最も一般的な方法となりました。 締約国は、ゲーム、季節の食べ物、お祝いの衣装に焦点を当てた。 保護者は、新聞やコミュニティの指導者がハロウィーンのお祝いの中から何か「怖い」や「グロテスク」を取るよう奨励されました。 これらの努力のために、ハロウィーンは20世紀の初めにその迷信と宗教上の大部分の大部分を失った。

1920年代から1930年代にかけて、ハロウィンは世俗的ではあったが、地域中心の休暇となり、パレードや町並みのパーティーが特集として登場しました。 多くの学校と地域社会の最善の努力にもかかわらず、破壊行為はこの間に多くのコミュニティでハロウィーンのお祝いを悩ませ始めました。 1950年代までに、町の指導者たちは、破壊行為をうまく制限し、ハロウィンは主に若者向けの休暇に進化しました。50代のベビーブームの間に幼い子供たちが多いため、当事者は町の市民センターから教室や家に移動し、そこでより簡単に収容することができました。

1920年から1950年の間に、何世紀にもわたるトリック・トリートメントの実践も復活しました。 トリック・トリートメントは、コミュニティ全体がハロウィンのお祝いを共有するための比較的安価な方法でした。 理論的には、家族は小さな子供たちに小さなお菓子を提供することによって、彼らの上で遊んでいるトリックを防ぐこともできます。 新しいアメリカの伝統が生まれ、成長し続けました。 今日、アメリカ人は毎年60億ドルをハロウィンに費やしており、これはアメリカで第2位の商業休暇となっています。

アメリカのハロウィーンの伝統的な "トリック・アンド・トリートメント"は、おそらくイングランドのオール・ソールズ・デー・パレードにまでさかのぼります。 祝祭の間、貧しい市民は食べ物を求め、家族は死んだ親戚のために祈る約束の代りに「魂のケーキ」と呼ばれるペイストリーを与えるだろう。 魂のケーキの配布は、ローミングスピリットのために食べ物とワインを残す古代の習慣を置き換える方法として、教会によって奨励されました。 「行く」と呼ばれたこの練習は、近くの家を訪れ、エール、食べ物、そしてお金が与えられる子供たちによって最終的に取り上げられました。

アメリカのハロウィーンの伝統的な "トリック・アンド・トリートメント"は、おそらくイングランドのオール・ソールズ・デー・パレードにまでさかのぼります。 祝祭の間、貧しい市民は食べ物を求め、家族は死んだ親戚のために祈る約束の代りに「魂のケーキ」と呼ばれるペイストリーを与えるだろう。 魂のケーキの配布は、ローミングスピリットのために食べ物とワインを残す古代の習慣を置き換える方法として、教会によって奨励されました。 「行く」と呼ばれたこの練習は、近くの家を訪れ、エール、食べ物、そしてお金が与えられる子供たちによって最終的に取り上げられました。

ハロウィンはいつも謎、魔法、迷信でいっぱいになっています。 それは、人々が特に死亡した親戚や友人の近くに感じた夏の終わりのケルトの祭典として始まりました。 これらの友好的な精神のために、彼らは夕食のテーブルに場所を設定し、ドアの上に残して、道路の側面に沿ってお菓子を点灯し、愛する人が精神世界に戻って彼らの道を見つけるのを助ける。 今日のハロウィーンの幽霊は、より恐ろしい、悪意あると描写されることが多く、私たちの習慣や迷信も怖いです。

私たちは黒い猫との道を渡ることを避け、私たちに不運をもたらすかもしれないと恐れています。このアイデアは、多くの人が魔女たちが自分自身を猫に変えることで検出を回避すると信じていた中世に根をおいています。 同じ理由ではしごの下を歩かないようにしています。 この迷信は、三角形が神聖であると信じた古代エジプト人から来たかもしれません。 それはまた、傾いたはしごの下を歩くことはかなり危険な傾向があるという事実と関係しているかもしれません。 そして、ハロウィンの周り、特に、私たちは鏡を破ったり、道路の亀裂を踏んだり、塩をこぼしたりするのを避けようとしています。

しかし、ハロウィンの伝統と信念は、今日のトリック・トリガーたちが忘れていたものはどうですか? これらの時代遅れの儀式の多くは、過去の代わりに未来に、そして死者の代わりに生きることに集中していました。 特に、多くの若い女性が将来の夫を特定するのを助け、将来のハロウィン(結婚する)によっていつかは運があると安心させることが大事でした。

18世紀のアイルランドでは、マッチメイキングの料理人が、ハロウィーンの夜、マッシュポテトのリングを埋もれて、それを見つけたレストランに真の愛をもたらすことを望んでいました。 スコットランドでは、占い師は資格のある若い女性がそれぞれの婚約者のためにヘーゼルナッツを名付け、次にナッツを暖炉に投げつけることを勧めました。 爆発するのではなく、灰に燃やしたナッツは、その女の子の将来の夫を代表しています。 (この伝説のいくつかのバージョンでは、紛らわしいことに、逆のことが真実であった:燃え尽きたナッツは持続しない愛を象徴していた)。もう一つの話は、若い女性がクルミ、ヘーゼルナッツ、ナツメグハロウィーンの夜のベッドの前に彼女は彼女の将来の夫について夢を見るだろう。

若い女性は、彼らの将来の夫のイニシャルの形で皮むきが床に落ちることを願って、彼らの肩の上にリンゴの皮を投げた。 一杯の水に浮かぶ卵黄を覗いて先物について学びました。 ろうそくを持ち、夫の顔のために肩を見ている部屋の中で、鏡の前に立っていた。 他の儀式はより競争力がありました。 いくつかのハロウィーンパーティーでは、栗の狩りの上にバリを見つける最初のゲストは最初に結婚するだろう。 他の人では、最初の成功したリンゴ塊茎は、通路の中で最初になるでしょう。

もちろん、私たちがロマンチックなアドバイスを求めているのか、7年間の不運を避けようと、このハロウィンの迷信のそれぞれは、ケルトの初期の才能がとても鋭く感じられたまったく同じ「精神」の善意に頼っています。