ドクター紹介メインビジュアル

各種保険取扱

お電話はこちら

ドクター紹介

院長 野田 哲 

院長 野田 哲

インプラント+抗菌性骨誘導体(国際特許を持つ)による骨再生医療のエキスパ-ト

歯・お口のお悩み、ご相談下さい

当院では最新の欧米レベルの骨再生医療、インプラント、歯周病治療、義歯、顎関節症、審美、ホワイトニング治療及び得意分野の薬理学、金属工学、ガラス工学、プラスチック工学産業化学を応用し、国際特許レベルの研究開発を行い、患者さんのニーズに幅広い治療に対応します。
また治療後も、お口の中をよいコンディションに保つために、一生自分の歯で噛めるように予防も力を入れ、安心と満足をお届けします。

なぜ研究開発をするのか

もともとは化学者になって、ノーベル賞を取るつもりでしたが、高校3年の時、不景気で化学者になっても将来がないと思い、急遽、歯学部に行きました。(当時、歯科医師が不足していたため)
現在も、日本は化学者になってもほとんど報われない国家のままです。

当時、ほとんどの歯科医師がインプラント治療をしていなかった時代、最先端だと思って技術を学んでいましたが、新しい技術を学ぶ➡より勉強=最先端技術取得と思っていましたが、
その後、35歳の時、初めてFDI世界歯科連盟大会に出席し、日本の医療水準はアメリカ、ヨーロッパに 比べ、10年以上遅れていることを知り、最先端の研究に取り組みました。
所詮、井の中の蛙。思っていたより、日本のレベルがかなりかったのです。

新しい技術を学ぶ➡より勉強=最先端技術取得=猿真似と気ずきました。島国でウロチョロしている自分があまりにも情けなく思いました。

Studyの意味 勉強=覚える(真似をする)
研究=覚えたものを応用し、未来を切り開く

そこで、私はStudy(研究を選び、どうでもいい勉強を排除し:と言っても、こどものころから興味のない科目は勉強しなかった)の得意分野を生かし、国際特許レベルで研究開発(人の役に立つ、世の中に存在しないものを新たに作り出す)し、治療に取り入れないととても最新医療と言えないと感じました。

尊敬する人物

エジソン

小学校中退にもかかわらず、1300の特許を持つ天才発明家。GEの創設者。

エジソン

キュ-リ-夫人

ラジウムの発見。ノ-ベル賞受賞者。

キューリー夫人

得意分野

  • 研究開発(抗菌性骨誘導体、薬理、金属工学、ガラス工学、プラスチック工学、産業化学、理工学)
  • 骨再生医療(抗菌性骨誘導体研究開発)
  • インプラント
  • レジンタッチ義歯
  • 審美(ジルコニア、セラミック)
  • 顎関節症(チタンバイトプレ-ト)
  • 歯周病(口内炎、歯周炎、化膿性皮膚炎の抗菌剤Nodaxacinの研究開発)

所属

  • FDI国際歯科連盟会員
  • 日本口腔インプラント学会員
  • France Paris Implant専門医
  • 産業歯科医
  • 日本歯周学会員

経歴、海外活動及び研究開発のご紹介

1980 持続性殺菌性アルコールの研究開発に取り組む
1981 持続性殺菌性アルコール(NX-AL)の研究開発に成功する
1986 顎関節症の治療バイトプレート(BTP)の研究開発に取り組む
1987 義歯レジン吸収タッチ法の研究開発に取り組む
1988 抗菌性止血材の研究開発に取り組む
歯科根充剤の研究開発に取り組む
1989 義歯レジン吸収タッチ法の研究開発に成功する
骨造成・移植法の研究開発に取り組む
歯科根充剤の研究開発に成功する
1990 口内炎、歯周炎、化膿性皮膚炎の抗菌剤Nodaxacinの研究開発に取り組む
顎関節症の治療バイトプレート(BTP)の研究開発に成功する
チッ化チタン義歯の研究開発に取り組む
1991 チッ化チタン義歯の研究開発に成功する
抗菌性骨誘導体Nodasatosinの研究開発に取り組む
間仕切り具の開発に成功し、特許出願
1992 POIインプラントの技術習得
車両用ヘッドレストのフレーム成型方法 特許※1取得
クッション性を備えた外被体で被覆された中空成型品並びにその成型方法の特許を取得
抗菌性止血材の研究開発に成功する
形状記憶ヘッドレストの研究開発に取り組む
形状記憶ハンドレストの研究開発に取り組む
1993 TAIROOTインプラント技術取得
感染防止プロテクターの研究開発に取り組む
1994 マラカス実用新案登録
ヘッドレストステーの開発に成功し、特許出願
骨造成・移植法の研究開発に成功する
1995 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会※2)Hong Kong出席
香港大学視察
圧着成型方法 特許取得
初めてFDI世界歯科連盟大会に出席して、日本の医療水準はアメリカ、ヨーロッパに比べ、10年以上遅れていることを知り、最先端の研究に取り組む
歯周・歯根髄炎殺菌ダイレクト法の研究開発に取り組む
1996 FDI World Dental Federation (世界歯科連盟大会)
U.S.A ORLANDO出席
Florida大学病院視察
口内炎、歯周炎、化膿性皮膚炎の抗菌剤Nodaxacinの研究開発に成功する
スーパーホワイトニングの研究開発に取り組む
ゴルフバック 実用新案登録
入れ歯用ケースを完成し、意匠登録
車両用ヘッドレストのフレーム成型方法 特許取得
1997 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Seoul出席
ソウル大学病院視察
抗菌性骨誘導体Nodasatosinの研究開発に成功する
介護用ベッド用床板 実用新案
ネット付きボトルの開発に成功し、国内及びUS、国際特許出願
軽量キャップ付き容器及びこれを用いた液体軽量方法の開発に成功し、特許出願
豊胸器の開発に成功し、特許出願
注射容器の開発に成功し、特許出願
作業及び医療用プロテクト装置の開発に成功し、特許出願
1998 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Barusenoa出席
Barusenoa大学歯学部視察
スーパーホワイトニングの研究開発に成功する(従来の1.5倍の白さ)
ダイヤモンドティース ヨーロッパにてEPC取得
・フランス特許取得 スイス特許取得
・ベルギー特許取得 ドイツ特許取得
・イギリス特許取得 イタリア特許取得
形状記憶ベッドレストの研究開発に成功する
形状記憶ハンドレストの研究開発に成功する
1999 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Mexico出席
Mexico国立自治大学歯学部視察
ダイヤモンドティース<1> US特許収得
ダイヤモンドティース<2> US特許取得
2000 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Paris出席
Paris大学付属病院視察
Paris Implant 技術習得
殺菌性ジェルの研究開発に取り組む
抗菌剤4MIX(3MIXの強化型歯牙細胞誘導体)の研究開発に取り組む
2001 FDI World Dental Federation (世界歯科連盟大会)KualaLumpur出席
University of Malaysia附属病院視察
犬猫歯磨きラッキークリーンの開発に取り組む
歯周・歯根髄炎殺菌ダイレクト法の研究開発に成功する
殺菌性ジェルの研究開発に成功する
2002 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Vienna出席
ウィーン大学付属総合病院視察
可変調整クッション装置の開発に成功し、国内及びUS、国際特許出願
可変色建材及びこの建材を用いた窓変色装置の開発に成功し、国内及び国際特許出願
変色機能付き家具の開発に成功し、国内及びUS、国際特許出願
2003 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Sydneyに出席
シドニー歯科病院視察
犬猫歯磨きラッキークリーンの開発に成功する
2004 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)New Delhiに出席
Aashlok Hospital視察
4MIXに成功する
2005 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Montreal出席
Montreal General Hospital視察
2006 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Shenzhen出席
北京大学深圳医院視察
2007 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Dubai出席
Dubai American Hospital視察
日本歯周学会にて口内炎、歯周炎、化膿性皮膚炎の抗菌剤Nodaxacin発表
医療用プロテクトアタッチメント 特許取得
2008 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)
Stockholmにて、世界に先駆けて日本人では唯一抗菌剤のNodaxacinを発表
口腔用及び皮膚用組成物Nodaxacinを特許出願
次亜塩素酸カルシウムイオンの研究に取り組む
2009 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Singapore出席
Singapore国立大学病院視察
次亜塩素酸カルシウムイオンの研究開発に成功する
2010 複層窓(地球温暖化CO2削減対策)の製造及び構造法 特許取得
口腔用及び皮膚用組成物NodaxacinをUSに特許出願
口腔用及び皮膚用組成物Nodaxacinを中国に特許出願
2011 SINGPORE BUDDHIST FREE CLINIC視察
2012 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Hong Kong出席
Hong Kong大学病院視察
2013 FDI World Dental Federation (世界歯科連盟大会)Istanbul出席
İstanbul大学病院視察
口腔用及び皮膚用組成物:抗菌剤Nodaxacinを中国に特許取得
2014 釜山大学校歯医学専門大学病院視察
2015 FDI World Dental Federation (世界歯科連盟大会)Bangkok出席
Chulalongkorn大学病院視察
Philippines大学病院視察
2016 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Polandで抗菌性骨誘導体再生医療を発表
Adam Mickiewicz 大学、Poznan of Medical Sciences大学 、Warsaw大学視察
2017 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会)Madrid出席 Complutense de Madrid,大学視察

※1 特許:世界で初めて発明された人物、又は法人に与えられる特別な権利
※2 FDI World Dental Federation(世界歯科連盟大会):この学会は世界最大規模で、インプラント、歯周、矯正、口腔外科、義歯予防、セラミック、審美など全学会で、全世界の一流の歯科医師が、ハイレベルな発表が行われる権威のある学会として、世界的に広く知られています。

特許多数

特許

犬歯磨き担当 ポメラニアン-ポロン

FDI国際歯科連盟

Vision 2020 advocacy strategy The problem

FDI国際歯科連盟

FDI国際歯科連盟は、世界中の100万人以上の歯科医の代表的な代表団として、健康政策と継続的な教育プログラムの開発、国際的な口頭での歯科医療の統一的な声明

FDIは、口頭で健康を守る世界的な有力組織であり、教育プログラム、意識向上キャンペーン、会議および歯科分野の進歩を目的としたイニシアティブを開発しています。また、口腔衛生が世界の健康と開発の課題に優先され、慢性疾患予防プログラムへの統合が促進されることを唱えています。
FDI加盟には、約130カ国に約200の会員歯科連合があります。それは、それ自身の活動とそのメンバーの歯科連合の活動を通して、国内および国際レベルで働く。それは世界保健機関(WHO)と公式の関係にあり、世界保健専門家連盟WHPAのメンバーです。
FDIは1900年にパリで創設され、現在スイスのジュネーブに本社があります。

ビジョン2020のアドボカシー戦略

問題

口腔疾患は世界的に39億人の人々に影響を及ぼし、個人、地域社会、保健システム、経済および社会全体に大きな影響を与えます。個人に対する口腔疾患の結果は、身体的および心理社会的である。しかし、政治家の間での口腔疾患の程度、意識にもかかわらず、保健計画者や公衆衛生コミュニティのメンバーさえも低いままです。これは、しばしば、口頭による公衆衛生介入を、基本的な人権ではなく、贅沢とみなすことにつながる。
結果として、口腔疾患は世界中で最も一般的な非感染性疾患(NCD)の1つであるが、それは必要な注意を払うものではない。しかし、口腔疾患は避けられないが、個人レベルと人口レベルの両方で、ライフコースのすべての段階で簡単かつ効果的な措置によって軽減または予防することができるという明確な証拠がある。ますます増加する疾病負担を抑制するために、政府や個人への費用の増加を避けるために緊急の行動が必要です。
「口腔の健康は、一般的な健康と福祉と基本的な人権の不可欠な部分です。」

リバプール宣言

解決策:国内および世界レベルでの口腔疾患の優先順位付け

FDIのアドボカシー戦略はVision 2020と呼ばれています。その活動は2つのレベルで行われます。

国レベル:画期的な出版物であるFDIビジョン2020 - 2012年の口頭健康の未来を形作る。これは具体的には国の法律や規制への変更を通じて口腔衛生を改善する方法に焦点を当てています。 FDIは会員協会と協力して、口腔保健コミュニティが口頭で病気を国の健康行動計画の中で解決し、国レベルで優先させるように政府に圧力をかけるために整えられています。

世界レベル:主要国連、世界保健機関(WHO)、世界保健専門職連盟(WHPA)および非感染性疾病連合(FDA)におけるFDIの表明を含む、世界の保健および開発アジェンダにおける口腔衛生のプロファイルを上げることに焦点を当てるNCDアライアンス)プラットフォーム。 FDIは、国レベルで実施する際に影響を受けるような政策が形成された場合には、加盟協会および口腔保健コミュニティ全体の利益が確実に表れるようにする。

この2つのアプローチは、政府レベルと人口レベルで口腔疾患予防と管理の意識と可視性を高め、他の病気との優先順位付けを確実にするために不可欠です。国連持続可能な開発目標(SDGs)、世界的な負担増加に伴う口腔疾患やその他のNCDの認識、水銀に関する水俣条約などの重要なイニシアチブは、アドボカシー、統合、部門間アプローチです。

口腔の健康の未来を形作る

挑戦とチャンス

ビジョン2020は、専門家が課題に取り組み、機会を適時かつ適切に捕捉した場合、2020年までにどのように口腔ヘルスケアが見えるかを示すスケッチを提供します。それは重要な質問に答える:今後10年間の世界の口腔衛生の改善に大きく貢献するためには、どのように職業が成長するのだろうか?

ビジョン2020の5つの要素

ビジョン2020は、脅威と機会に応じて分析された5つの主な要素で構成され、口腔ケアの需要と需要が増えています。

  • 医療従事者の役割を拡大する
  • 応答性の高い教育モデルを形成する
  • 社会経済変動の影響を緩和する
  • 基礎的・翻訳的研究と技術の育成
  • 思いやりとインスピレーション

ビジョン2020は願望であり、インスピレーションです。それは操作上のものではありません。具体的な戦略、戦術的アプローチ、実装ツール、またはすぐに使用できる式は、地域のニーズや状況に大きく依存します。

連続プロセス

ビジョン2020は、FDIとそのすべてのパートナーとの協議と協力を目的とした継続的なプロセスの始まりです。これはスイスのジュネーブに本部を置く非政府組織FDI世界歯科連盟(FDI World Dental Federation)の一年間にわたる反省の結果であり、世界中の100万人を超える歯科医代表しています。

FDI Smile Award

FDIスマイル賞

「FDIスマイル賞」は、地域レベルで予防的口腔ケアを促進するためのものです。それは2015年にColgate-Palmolive Companyの寛大な支援によって開始されました。 この賞は、自国の革新的で持続可能な地域社会のアウトリーチプロジェクトを通して口腔衛生に差をつけているFDI加盟国の国民歯科協会(NDA)を表彰します。
賞委員会は、以下の基準に基づいて、2つのカテゴリーの受賞者を選出します。

Corporate Partnerships

企業のパートナーシップ

FDIの活動の多くは、コーポレートパートナーの支援なしには不可能です。パートナーシップのすべてにおいて、FDIは透明性のあるウィンウィン協定の確立に努めています。
FDIと提携することで、世界を最適な口腔保健に導くだけでなく、ビジネスを成長させ、CSR目標を達成するのに役立ちます。
FDIは、さまざまなタイプのパートナーシップを提供します。

1.独占的パートナーシップ

FDIとそのコーポレート・パートナーは、共通の関心事項を特定し、カスタムメイドのプロジェクトを構築します。
FDI世界歯科連盟とユニリーバ口腔ケアのユニークなグローバルパートナーシップは、2004年に設立され、毎日2回のフッ化物練り歯磨きを奨励することにより、口腔衛生を世界的に改善することを目指しています。

2.非競争パートナーシップ

FDIは、グローバルプロジェクトに資金を提供するために複数の非競争相手に手を差し伸べる。
私たちの旗艦パートナーシップは、世界の4つのパートナーが支援するWorld Oral Health Dayです。 2004年、世界の口腔保健の日は100カ国以上で祝われ、総人口は1,600万人に達しました。

3.複数のパートナーシッププロジェクト

特定のイニシアティブは複数のパートナーに開放されています。 2013年に開始されたVision 2020は、グローバルな口腔健康のためのFDIデータハブの立ち上げを可能にしたユニークなマルチパートナーシップです。

4. FDI年次世界歯科会議に出席する

私たちの年次世界歯科会議でブースまたはスポンサーシップアイテムを予約するときは、FDIをサポートしています!
私たちの次世代世界歯科大会は、2016年9月7-10日からポーランドポズナンで開催されます。

Current Projects
Brush Day & Night

ブラシデイ&ナイト

ブラシデイ&ナイトの目標は、良好な口腔衛生のための単一の最も重要な行動の1つを奨励することです:フッ化物練り歯磨きで毎日2回の歯磨き。 2005年以来、それは歯ブラシの重要性について彼らに教えるために何百万人もの子供と大人に達しました。また、子供たちが擁護者になり、良い口腔衛生のメッセージを家族や友人に広めることを奨励します。
これまでにLive、Laugh、Learnとして知られていたこのプロジェクトは、FDIとユニリーバの長年のパートナーシップを通じて、また全米歯科協会の協力を得て40カ国以上に及んでいます。現在のところ、これまでの目標や10年以上にわたるパートナーシップの成果を基に、第4段階にあります。

プロジェクトフェーズ

フェーズIV:2017-2019

フェーズIVは2017年1月に開始され、3年間12カ国で実施されます。フェーズⅢからの2つの主なプロジェクト活動を継続する。

口腔保健スクールプログラム

21日プログラムでは、Brush Day&Nightの重要なメッセージが子供に伝わり、フッ化物の練り歯磨きを毎日2回服用し、メッセージを広めることを奨励しています。子供たちは、監督の下で学校で歯を磨いています。これは、持続する習慣を作り出すのに役立ちます。
学校プログラムの影響は、21日前後の子供の口腔衛生、衛生および福祉を見て測定されます。 Brush Day&Nightの第4フェーズでは、学校プログラムは2017年7月からインドネシアとナイジェリアで実施されます。

世界の口腔保健の日の活動

ブラシデイアンドナイトは、2017年に世界12カ国でオーラルヘルスデーの祝賀会を開催しました。このイベントは、プロジェクトのメッセージを強化し、歯ブラシに関する世界を学び、教えるプラットフォームを子供に提供します。インドネシア、ナイジェリア、ベトナム、スリランカ、バングラデシュ、ガーナ、エチオピア、コートジボワール、ケニア、エジプト、チリ、モロッコで活動が行われた。

What is the FDI-Unilever Partnership?

FDI-ユニリーバパートナーシップとは何ですか?

FDI World Dental FederationとUnilever Oral CareのグローバルなパートナーシップであるLive.Learn.Laughは、フッ化物練り歯磨きを毎日2回服用することを推奨し、口腔衛生を世界的に改善することを目指しています。
2004年に設立されたこのパートナーシップの第1段階は、37カ国で40種類の口腔保健改善プロジェクトを通じて少なくとも100万人に達しました。 2010年には、パートナーは第2段階の活動に入り、より大きな影響を及ぼすために1つの一貫した目標に集中することに決めました。
虫歯は地球上で最も一般的な慢性疾患であり、痛みや苦しみを世界規模で引き起こします。それでも大部分は予防可能です。豊富な科学的証拠によれば、フッ化物練り歯磨きによる毎日の2回の刷毛塗りが虫歯予防に効果的であることが示されているが、世界人口のわずか20%しかフッ化物にアクセスできないと推定されている。 FDI世界歯科連盟(2008年に発行された政策声明)は、フッ化練り歯磨きによる毎日2回のブラッシングの推進を強く推奨しており、その行動はユニリーバのブラシデイアンドナイトキャンペーンを通じて奨励されています。この単一の共通目標に向けたコラボレーションは、パートナーシップのまさに中心に位置しています。
パートナーは、次の目標を達成するために協力します。

  • 世界中の歯科医療団体とユニリーバの口腔ケアブランドとのパートナーシップで実施されている口腔健康改善プログラム
  • FDIロゴの使用
  • ユニリーバ口腔ケア練り歯磨き、歯ブラシおよびうがい薬パックに関する支持声明の使用

フェーズⅡでは、フッ化物練り歯磨きで毎日2回のブラッシングを奨励することにより、世界中の人々の健康と福祉を向上させる現地の口腔保健プロジェクト29件が現在行われています。

パートナーシップが提供するFDI-Unileverのパートナーシップと口腔保健改善プログラムを通じて、人々は口腔衛生上の懸念から解放され、生きて生活を満喫することができます。

学習する

FDI世界歯科連盟のロゴでユニリーバ口腔ケア製品に表示されている支持声明の結果(「フッ化物練り歯磨きを毎日2回服用することが口腔健康に有益であることをFDIが認識しています。口腔ケア教育プログラムを通じて;パートナーシップを通じて得られた有益な文献人々は自分自身で口腔衛生を学び改善する機会があります。

笑い

FDI世界歯科連盟とユニリーバ口腔ケアの両方がそれが全体的な健康に本質的に関連していると信じているので、Live.Learn.Laugh.Aの究極の目標は口腔衛生を世界的に改善することです。人々が健康であれば、彼らは自由に人生を楽しむことができ、楽しさは単に笑顔を超えています。人々は本当に笑いを受け入れることができます。

Partnership Workshop

トルコのイスタンブールでは、学校プログラムを実施し科学的データを収集するNDAのために、2014年12月8-9日にグローバルワークショップが開催されました。

ワークショップでは、参加者は新しい科学者、Jo Frenken教授、Paulo Melo教授に慣れ、専門家や他の参加者と以前のパートナーシッププロジェクトの経験を公開しました。 現在のパートナーシップに関する新しいプロジェクト提案についてより焦点を絞った議論を行い、データ収集における方法論を整合させる機会を得るために、NDAごとに専門家との面談が予定されていました。 また、パートナーシップ・リーダーおよびコーディネーターとのグループ・ミーティングを行い、プロジェクトの管理面および管理面について議論しました。

ワークショップは、プロジェクトの計画と評価に関する実りある議論を成功裏に終え、NDAが地元のユニリーバパートナーとプロジェクト提案を最終決定するのをより良く支援しました。

Oral Health for an Ageing Population 高齢者の口腔衛生

プロジェクト

高齢化人口パートナーシップのための口腔衛生

パートナー

GC International、FDIの代理として、米国歯科医院-ADA、Bundeszahnrztekammer-BZK(ドイツ)、Japan Dental Association-JDA、UnionFrançaisePour laSantéBucco-Dentaire-UFSBD(フランス)を代表しています。

目標

  1. 健康な長寿の口腔保健の専門家の基本的な役割を確立しようとする。
  2. 高齢患者の口腔疾患予防と治療の改善機会を調査し、高齢者の口腔健康に関する研究に対する意識を積極的に促進する。
  3. 2年に1回、対象者専用の会議を開催する。

簡単な説明

FDIとGCインターナショナルAGの新しい「人口高齢化人口調和パートナーシップ」は、世界の各国の政府が新しい人口動向を政策決定、特に健康に統合することを求められているときに特に適しています。口腔衛生については、3月に東京で開催された日本政府の支援を受けて開催された「高齢化社会における健康な長生きのための口腔ケアと口腔衛生」という非常に成功した世界会議で、世界保健機関(WHO)、FDIの支援を受けている。

FDI-GCパートナーシップは、高齢者のための口腔衛生に関する全国歯科協会の意識向上、評価、全世界へのアウトカムの共有、現状と関連した国内および世界レベルでの問題への対応など、その議会からの宣言の特定の項目に対応する国や地域の歯科医療政策の現状を把握し、特定された問題の解決策を考案する。

FDI-GCパートナーシップは、健康な口が咀嚼能力、栄養、移動性、独立性などの重要な機能を維持する上で役割を果たすことに基づいて、健常な長生きの口腔保健の専門家の基本的役割を確立しようとする。

高齢者の口腔疾患予防と治療の改善機会をさらに検討し、高齢者の口腔健康に関する研究に対する意識を積極的に促進する。パートナーシップの要素の1つは、2年に1回、このテーマに特化した会議を組織することです。

現在の活動

FDI会員協会の高齢者の口腔状態に関するデータを収集するための調査が実施されています。

その他の活動

最初の会議は、スイスのルツェルンで開催されました。2016年5月3-5日。 世界保健機関(WHO)を含む世界中の20人の著名な専門家を集めました。

会議の詳細

FDIは、世界保健機関(WHO)第69回世界保健組合での健康老化へのライフコースアプローチに関する声明を発表した。健康老化へのライフコースアプローチのためのマルチセクター行動に関するFDI声明。

ポーランドのポズナンで開催されたFDI 2016年世界歯科会議において、「高齢者の口腔健康に関するシンポジウム」が開催されました。それは記録され、現在オンラインで入手可能です。

  • 歯の損失と活力、生活の質と寿命の歯を保持することの重要性 : Martin Schimmel
  • 口腔健康、一般健康とNCDの関係 : クリストフベンツ
  • 口腔疾患の世界的負担を軽減するための歯の喪失および歯痛の予防 : スーザン・ハイド、ヘルスケアシステム、エリザ・ゲヘジ
  • 監視と監視 : 宮崎英雄

Q&A:高齢者集団フォーラムの口頭健康

ポズナンで開催されたFDI 2016年世界歯科会議において、記者会見が開催されました。最初の会議成果を報告する記事は準備中です。

タスクチームのメンバー

  • 名誉会長:堀賢郎博士(JDA)
  • 議長:深井克宏博士(JDA)
  • メンバー:Judith A. Jones教授(ADA)、クリストフベンツ教授(BZK) 、小林慶太教授と島崎嘉宏教授(JDA)、ソフィー・ダルテベル(UFSBD)博士と片岡康弘(GC)

Caries Prevention Partnership カリエス予防パートナーシップ

FDI-Colgate Caries Prevention Partnership(CPP)は、専門家、患者および一般の人々を対象とした高品質の虫歯の教育コミュニケーション資料および活動を通して、口腔疾患予防を強化するための新しいイニシアチブです。 CPP活動の一環として、2015年9月21-22日、FDIは、FDI世界歯科大会中にタイのバンコクで齲歯の予防と管理に関する2日間の専門家会議(サミットとワークショップ)を開催した。会議の目的は、齲蝕管理における世界的および地域的重要性の重要な問題をProceedingsで特定し報告し、FDI加盟組合が自国で適応および/または採用できる解決策を提案することでした。

齲蝕予防と管理に関する白書:ナイジェル・ピッツ教授とDomenick Zero教授が共同で作成したこの予防可能な疾患のコントロールにおける現在のエビデンスと重要な問題の要約は、現在のエビデンスと虫歯予防と管理の問題です。今日の歯科診療で働く歯科医と口腔保健従事者のために書かれた本稿では、齲蝕の治療と管理のための新しいアプローチと手順を明らかにする。

白書を補完するために、ナイジェルピッツ教授が提示し、2018年10月22日までに利用可能な齲蝕予防と実践管理と、動的疾患としての齲蝕管理の2つのウェブセミナーをオンラインで利用できます。プロセスは、Dr. Domenick T. Zeroによって提出され、2019年6月15日までオンラインで入手できます。

ポリシーに対処するために、Advocacy Toolkitは、歯の腐敗(dietary caries)の予防と管理のための政策実施に重点を置いたイニシアチブを国家歯科連合が支援するために作成されました。 FDIスマイル賞は、国レベルでの齲蝕負担に対処する革新的で持続可能なコミュニティアウトリーチプロジェクトを認識するために、毎年4000人のFDIレギュラーメンバーとアソシエイトメンバーに授与されます。

Global Periodontal Health Project

グローバル歯周病プロジェクト

歯肉炎(歯肉の炎症)および歯周炎(歯周りの組織の炎症、しばしば歯茎の収縮および歯の緩みを引き起こす)を含む歯周病(ガム)疾患は、ヒトの最も一般的な疾患の90%世界中の大人の人口。歯周病の健康は、一般的な健康に不可欠であり、人生の質を確保する上で重要です。

ガムの健康は、毎日の口腔ケアルーチン中に見落とされやすい。歯周病は歯の喪失を引き起こす可能性があり、一般的な危険因子(例えば、不健康な食事、タバコおよび喫煙)を共有する糖尿病および心血管疾患を含む他の疾患と密接に関連している。

歯周病は世界中の政府や人口に社会経済的に大きな影響を及ぼしていますが、依然として低い優先順位を維持しており、多くの国で治療法はまだ利用できません。2015年10月、歯周病の負担を軽減し、公衆衛生、口腔衛生、その他の医療従事者、教育者、政策立案者が歯周病の健康を促進することで、世界の歯周病プロジェクト(GPHP)が開始されました。

歯周病の健康を達成するためのロードマップ。

FDI国家歯科協会と協力して、世界の歯周健康プロジェクトは、歯周病の健康を国レベルで優先課題とします。

East Africa Dental Amalgam Phase-down Project

東アフリカ歯科アマルガムフェーズダウンプロジェクト

歯科用アマルガムの「フェーズダウン」アプローチの推進 途上国におけるFDI世界歯科連盟、国家歯科連合(ケニア、タンザニア、ウガンダ)および国際歯科医師協会と協力して、UNEP-国連環境計画/ WHO-世界保健機関プロジェクト。

バックグラウンド

グローバル・マーキュリー・パートナーシップは、UNEP理事会によって、水銀汚染を削減するための即時行動の手段として義務付けられています。歯科用アマルガムは、水銀添加製品の一つのカテゴリーであり、Global Mercury Partnershipによって取り組まれています。歯科用アマルガム(水銀を含む修復材)は、約150年間広く使用されてきました。その使用は、製品中の全世界の水銀消費量の1/4、または世界の水銀消費量の約8%を占めています。 2007年には、この分野で世界的に推定250-350トンの水銀が使用された。過去数十年間に、水銀の環境への影響に関する認識と認識が高まり、歯科修復のための代替材料の開発と使用がますます重要になってきています。

2009年には、UNEPと共同でWHO会議がジュネーブで開催され、歯科修復のための材料の将来の使用を強調しました。病気の予防と健康増進の強化は、修復ケアの必要性を減らす最も関連したアプローチであり、この段階で歯科用アマルガムを「段階的に廃止」する代わりに「段階的に廃止する」ことを検討することが賢明かもしれません。このアプローチは、歯科修復のための質の良い代替材料の研究開発とともに、予防ケアを組み込んだ最良の専門的実践を促進する。その間、歯科医院は歯科治療からアマルガムの廃棄物を処理しなければならず、アマルガムの環境放出を減らすための対策を促進する必要がある。

物としての環境的に健全な管理の各段階を扱う。 WHOは、意識向上により口腔の健康増進と疾病予防を強化するよう努めます。臨床歯科治療では、純粋な臨床的兆候または基準、および患者からの肯定的な応答があれば、利用可能な代替材料を歯科修復に推奨することができる。

このプロジェクトは、ケニア、タンザニア、ウガンダの3つの東アフリカ諸国で実施されており、2013年8月までに終了する予定です。UNEPケミカルズとWHO口腔衛生プログラムは共同でプロジェクトの実施を調整しています。

プロジェクトの目的

EADAPプロジェクトの目的は、歯科用アマルガムの使用を段階的に止めるための必須条件を探究することです。これらには、歯科用アマルガムとアマルガムの代替材料の現在の供給と取引を調査し、将来の情報システムのための勧告を行う。カレンを評価する。

Africa Summit 2012

彼らには、16の国の歯科連合会の大統領および代表、政府関係者、世界保健機関(WHO)の代表者、FDI評議会および委員会のメンバーおよびスタッフが含まれていました。オーランド・モンテイロ・ダ・シルバ(Monteiro da Silva)博士のFDI理事長が開会の挨拶で指摘したように、この目標は耳を傾けて学ぶことでした。

累積的なこのイベントは、FDIアフリカの口頭健康サミットであり、各段階で解説とディスカッションを取り上げるために、一連のブレイクアウトとディスカッションセッションが行われ、それぞれにプレナリーが続きました。

イベントのデザイナーである戦略プランナーのDanièleCastleによると、その効果は累積的なものとなり、それぞれのステップは前のステップに基づいています。これは結果に反映されました。

サミット宣言

その成果は、キャパシティを構築し、信頼性を強化し、アフリカのNDAの運用効率を高める戦略の合意された機能原則を定義するサミット宣言であった。テキストは次のとおりです。 口腔衛生に関するアフリカ首脳会議(2012年10月30日〜31日):宣言

2012年10月30日と31日にケープタウンの口腔保健に関するアフリカ首脳会議でFDI World Dental Federationと16人の大統領およびその会員の国民歯科協会(NDA)の代表者: 「世界を最適な口腔衛生に導く」という最も重要なビジョンの中で、一般的な健康状態における口腔衛生の重要な役割を留意してください。そしてWHOの世界的作業計画案2014-2019に関する継続的な議論から口頭健康の怠慢に気づいたFDIとNDAは次のことを約束します:

公衆口腔保健政策の分野における国家戦略顧問としての信頼性を強化するための効率化。リーダーシップとマネジメントスキルを強化する。

NDA間の情報交換と情報交換を強化する。 これらの約束を支持するために、FDIとそのNDAは:戦略的計画、リーダーシップ、交渉、ガバナンス、マーケティング、コミュニケーション、プロジェクト管理におけるNDAスキルを強化するためのトレーニングを開発し、促進する。アフリカ大陸で口腔衛生を積極的に主張する。データの収集と普及のためにWHOとの枠組みを構築する。アフリカのNDAのためのこの戦略計画を実施し、促進する。

ターニングポイント

「このサミットはアフリカでのFDIの転換点になると確信している」とDr da Silvaは述べた。 「わずか16カ国であったが、北アフリカ、東アフリカ、南アフリカを結集し、大陸全体で意見の合意を表明すると主張することができる。「アフリカの口腔衛生の未来にとって、このサミットは特に感動的な瞬間でした」とアフリカFDIスポークスマンのエミール・チャイナ博士は述べました。 「各NDAにはそれぞれ長所と短所、資金調達レベルがあります。将来の戦略は誰にとっても何かを行い、明確な目標と支援活動を提供します。

年次報告

FDIは、継続教育、会員増強、知識移転、国際的なキャンペーン、擁護、効果的なプロジェクト実施の目標を追求することで、2016年に多くの成功を収めました。今年の重要なポイントは、間違いなく、FDIの口腔衛生の新しい定義の総会の採択であった。

アドボカシーは、ビジョン2020の傘下に統合された、真の成長領域であることが証明されています。これにより、世界の健康アジェンダの口頭での健康次元を積極的に確保し、世界保健機構などの政府間パートナーとの関係を強化することができます(WHO)と国連環境計画(UNEP)に提出した。

水俣に関する水俣病条約と歯科用アマルガムの相殺に関する具体的な規定に関する現在の議論の文脈で、私たちの意見と専門知識は高く評価されています。国際レベルでは、非伝染病連合などの戦略的パートナーと連携して擁護能力を強化し、他の医療従事者との協力を強化しました。

世界の口腔保健の日は、世界的に参加する組織の数が増え、キャンペーンの勢いが増していることから、強さから強さへと変化しています。また、予防、口腔保健リテラシー、特に子供の口腔保健プロジェクトのイノベーションや持続可能性、齲蝕管理や口腔衛生や高齢化などの社会的問題など、FDIの主要なプロジェクトパートナーシップの肯定的な結果に満足している。

私たちの世界歯科会議はよく出席し、本当に国際的なイベントであり、私たちの継続教育(CE)プログラムは成長しています。最後に、練習関連の研究、国際公衆衛生および専門家間の教育と実践に向けた国際口腔健康の参考となることへのIDJの新たな焦点を歓迎する。

The voice of dentistry

歯医者の声
歯科専門職の世界的で権威ある独立した声

目指すもの:

  • 定期的および準会員としての国家歯科協会の増加する大半を募集し、保持する。
  • ますます多くの個人会員を募集し、保持する。
  • アフィリエイトメンバーとして、国際歯科協会の会員を増やしてください。
  • 世界中の歯科医師の国内外の指導者を結集します。
  • 組織内の民主的なプロセスと表現を保証する。
  • 国際的、政府間、政府、自主的およびその他の組織と関連して、歯科の世界的な職業を代表する。
  • 世界中の口頭での健康と口腔ケアの重要性の傾向と発展を分析する。
  • 積極的なプログラムを開発し、採用し、奨励して、口腔衛生と口腔ケアを漸進的に発展させる。
  • 能力と誠実さの最高水準を養う。
  • 質の高いレビュープロセスと、組織のすべてのポリシー、プログラム、および活動の定期的な評価を確実にする。

Optimal Oral health

最適な口腔の健康
すべての人々のために最適な口腔および一般的な健康を促進する。

目指すもの:

  • 口腔疾患の予防と一般および口腔の健康の改善を目的としたプログラムの開発、支援および促進。
  • さまざまな状況に適した(口頭)健康促進プログラムに関する専門知識とアドバイスを提供する。
  • 一般会員および口頭健康の促進に関与する会員協会、政府間、政府および自主組織との協力関係を構築する。
  • 最良の口腔保健ケアの提供を促進する。

Member support

メンバーサポート
会員団体が会員の口腔保健を公衆に提供する能力を強化することを支援する

目指すもの:

  • 口腔保健と口腔保健のすべての面で知識と経験を交換するための世界的なフォーラムを提供する。
  • 協議や世界歯科議会の民主的なプロセスを通して積極的な参加と協力を奨励する。
  • メンバー協会の主な懸念事項に効果的かつ効率的に対応する。
  • メンバー協会が目標を達成するためのあらゆる支援を提供する。
  • 世界中の学部、大学院、および継続教育の可能な限り高い基準を推進する。
  • 歯科の実践に関連する会員協会およびその会員に助言を提供する。
  • 組織の効率的かつ効果的な管理と管理を会員に提供する。
  • 組織のリソースを増やし、組織の長期的な財務安定に向けて取り組む。

Information transfer

情報転送
倫理、芸術、科学、歯学の実践を推進し推進する

目指すもの:

  • 口腔衛生および口腔保健に関連する最新の科学的に健全な情報の収集、分析、提示のための効果的な構造と効率的な作業メカニズムを提供する。
  • 他の健康および口頭医療機関とのパートナーシップを開発し、育成する。
  • 年次世界歯科会議の教育の機会と価値をさらに高める。
  • 歯科チームの継続的な教育プログラムを提供し、支援し、奨励する。
  • 口腔保健と口腔保健のすべての側面に関する質の高い情報を開発、交換、普及する。
  • メンバー、メディア、政府が関連情報を利用できるようにするための包括的な情報通信システムを提供する。
  • 組織が提供するすべての情報が可能な限り最高の基準であることを確認します。

History

歴史

健康開発のための政策開発と教育が世界保健機関(WHO)の創設文書に盛り込まれるずっと前に、FDIは歯科医師のための教育カリキュラムと世界中の人々に口腔保健を提供するための戦略を開発し始めました。

フランスのチャールズ・ゴドン博士が率いる「フェデレーション・デントレ・インターナショナル(FédérationDentaire Internationale)」(したがって、「FDI」)という6つの啓発歯科医師のグループによって1900年にパリに設立されました。 その目的は、歯科学の科学と芸術を進歩させ、歯科教育、口腔衛生学、公立歯科保健などの問題に焦点を当てるために、定期的な歯科会議を組織することでした。 FDIは2012年に香港で100回目の世界歯科会議を祝った。

Constitution

規約

FDI規約はインド(2004年)のニューデリーで採択され、2016年に改正された。この文書は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語で利用可能である。

Council

評議会

FDI理事会は、FDI国際歯科連盟のすべての事業を、組織の定めたビジョンと使命、FDI規約の概要に従って開始、実施、代表、監視、調整します。 FDI理事会は、総会で選出され、FDI国際歯科連盟の理事を務めるFDI会長、会長エレクト、会計士および10名の評議員から構成されています。 総会の議長および理事は、議決権のないメンバーとして理事会にも出席する。

Council Committees

Executive Committee

評議会委員会

執行委員

執行委員会は、会長、会長エレクト、財務担当者の3名で構成され、常務理事を常務メンバーとしています。 執行委員会は理事会会合の間に理事会を代表して行動し、理事会に提出された措置を報告することである。

Nominations

ノミネート

すべての正会員は、評議会メンバーおよび常設委員会の指名を提出する権利があります。地方組織は、理事会および常設委員会の指名を支持する権利を有するが、それぞれの指名は、定員会員協会によって指名手続きにより書面で提出されなければならない。指名手配は、Mrs Djerdana Ivosevic divosevic@fdiworldental.org(Mrs Maria Kramarenko mkramarenko@fdiworldental.org、カーボンコピー、またはファックス+41 22 560 8140)に電子メールで提出する必要があります。すべての候補者には、以下の書類が必要です。

  • ノミネーションフォーム
  • 理事会指名と資格の書式
  • 常任委員会推薦状および資格証明書
  • カリキュラム・バイタル(CV)/個人記録
  • 書かれたプレゼンテーション/モチベーションの手紙(評議会:500語以下、常設委員会:350語以下)

基準に合致するすべての指名は、毎年のビジネスミーティングの60日前に正会員に提供されます。

2017年の選挙

指名締め切り

評議会の指名:2017年6月2日金曜日
常任委員会の指名:水曜日、2017年5月3日

選挙日

理事会2017年8月31日木曜日の総会Bで(14:15-17:15)
常設委員会2017年8月31日木曜日(14:15-17:15)および2017年9月1日金曜日の会議C(08:30-12:45)には、
評議会
7つの空席(大統領当選者は1人、評議員は5人、総会のスピーカーは1人)です。理事会のすべてのメンバーは、総会選挙によって選出される。

常任委員会

歯科プラクティス

歯科プラクティス委員会は、歯科診療に関する問題を監視し助言します。空席が1つあります。空席は総会の選挙によって充たされるでしょう。

教育

教育委員会は、歯科教育、世界歯科会議の科学プログラム、およびFDIの継続教育プログラムに関する問題について監視および助言する。空席が1つあります。空席は、理事会の選挙によって充たされます。

会員の連絡とサポート

メンバーシップ・リエゾン・アンド・サポート委員会は、社内外のコミュニケーションに関する問題や、メンバーに対するFDIサポートに関する問題について、理事会を監視しアドバイスする。空席が1つあります。空席は総会の選挙によって充たされます。

公衆衛生

公衆衛生委員会は、恵まれない人々の口頭および一般的な健康の改善およびより広範な健康増進に関する問題について、理事会を監視し、助言する。空席が1つあります。空席は、総会選挙で充たされます。

科学

科学委員会は、口腔衛生に関連する科学的問題についてモニタリングし、理事会に助言する。空席が1つあります。空席は、総会選挙で充たされます。

候補者のための重要な情報です。

Election Results
選挙結果

2016年

評議会

総会ですべて選出された

参議院議員

Ihsane Ben Yahya教授 - モロッコ(再選)

Dr。Kathy Roth - 米国(再選)

Assoc。 Nikolai Sharkov教授 - ブルガリア

評議会委員会

エグゼクティブおよびファイナンス委員会

変化なし

報酬委員会

執行委員会およびDr. Kathy Roth - 米国

特別委員会
監査委員会

Dr. Carol Gomez Summerhays - 米国はSereny博士に代わる

常任委員会
会員連絡・支援委員会

トルコのDuygu Ilhan博士 - 新しい議長として評議会が任命

Susan Gorrie博士 - ニュージーランド(総会で選出された)

パキスタンのアワブ・アルヴィ博士(理事会で再選)

Dr. Krishna Prasad - インド(理事会で選出された)

歯科プラクティス委員会

ドイツのマイケル・セレニー博士 - 新しい議長として評議会が任命

ドイツのMichael Sereny博士(総会で再選)

Alexis CamposNúñez - コスタリカ(理事会で再選)

ジム・ゼンク博士(米国理事会)

教育委員会

Assoc。 Dr. HandeŞSancaklı - トルコ(総会で再選)

平野裕之博士(総会選出)

ユルゲン・フェデルヴィッツ博士(ドイツ総会で再選)

ウィリアム・チョン博士(香港特別行政区)

教授S.M.バラジ - セイシェル(理事会で選出された)

Dr。Sally Hewett - 米国(理事会で選出、議長の任期延長)