ブログ

各種保険取扱

お電話はこちら

新型コロナウイルス対策 歯科治療 は大丈夫?

新型コロナウイルス対策 歯科治療 は大丈夫?
当院では抗菌剤の研究開発し、国際特許取得しています。

コロナウイルス

新型コロナウイルスには接触と飛沫の二つの感染経路があると言われていますが、
接触経路に関しては、院内感染対策、歯科医の無菌的操作等で予防することができます。

飛沫感染:歯を削る器具から出る水しぶきでウイルスが診療室内に撒き散らされこれを浴びてしまうのではないかというご心配ではないかと推測されます。

  • 手指の消毒
  • 当院では治療前にαNX(抗菌剤)で30秒うがいし、口腔内を殺菌してもらいます。
  • 機器の滅菌、グローブの交換消毒
  • 空気清浄機、室内の換気
  • マスク、ファイスディフェンダーの装着
  • 2008年 FDI国際歯科連盟世界大会(スウェーデン)で、抗菌剤NX:Nodaxasinを発表しました。
  • 口蓋にウィルス感染 2009年 αNX(抗菌剤)を研究開発
うがい前 αNX(30秒)、歯、舌を磨いた後でうがい
2日後 2日後、ウイルス減少

(αNX)口腔外科:研究開発者 野田哲

洗口剤、ヨードグリセリンではウイルス、細菌には有効性が乏しいため、開発した(2009年)

コロナウイルス

白い粒は細菌です。うがい後、無菌状態の口腔内。

(αNX)口腔外科:研究開発者 野田哲

  カテゴリ:医院ブログ