FDI国際歯科連盟世界歯科大会

各種保険取扱

お電話はこちら

FDI国際歯科連盟世界歯科大会で発表
☆☆☆☆☆ 最先端骨再生医療☆☆☆☆☆

FDI国際歯科連盟世界歯科大会で最先端骨再生医療・抗菌性骨誘導体(Nodasatosin)をハ-バ-ド、ミシガン大学(アメリカ)、キングス・カレッジ・ロンドン(イギリス)、カロリンスカ研究所(スウェーデン)に先駆けて発表(国際特許取得)

世界最先端インプラント+骨再生医療及び、次亜塩素酸水+Caイオンによる歯周病菌治療の研究開発に成功し、予防にも力を入れています。

FDIメイン

Implant bone regeneration by Antibacterial bone derivative(Nodasatosin) SATOSHI NODA

世界に挑戦する

Purpose

After the tooth extraction due to periodontitis with inflammation of the apical part,if you leave the socket uncovered,the remnant of the bone is usually absorbed,which makes the subsequent implantation difficult.To prevent this from happening,insertion of artificial or autologous bone into the extraction socket,a technique called socket preservation,has been utilized.This technique has made it possible to minimize the bone augmentation when the implantation is performed afterward.It can be said that the method is more effective not only for implants but also for others,such as dentures or bridges.However,if you put artificial or autologous bone as much as possible,it makes suturing difficult,which is a drawback.

Overview

Antibacterial bone derivative:Mixture of A.(Nodasatosin)+ Bone Group:Artificial bone(Apatite or TCP)
A.Antimicrobial Group:Levofloxacin or Ciprofloxacin,Gatifloxacin,Tosufloxacin,Sparfloxacin 2%

Discussion and Conclusions

We have successfully developed the following new method to make the treatment easier.By adding the antibacterial bone derivative(Nodasatosin)to the artificial or autologous bone,the possibility of infection has been decreased.By simply covering the socket with resin,the new method has made it possible to omit the suture and to shorten the operation time,as well as it unnecessary to put collagen or membranes to prevent the inserted bone from being discharged.

FDI2016

ソケトプリザベ-ション(抜歯窩骨再生医療:次世代)

¥500,000 →¥200,000 キャンペーン

インプラントを入れる前の骨の厚み、高さを維持するための治療です。
壱番館歯科クリニックの研究部門である日本高度医療研究会が1991年より研究開発し、世界に先駆けて、発表しました。

1.抜歯窩

治療の流れ1

Fig.1
Extraction socket

2.人工骨+抗菌性骨誘導体(Nodasatosin)

治療の流れ2

Fig.2
Artificial bone + Antibacterial bone derivative No membrane

3.骨再生に成功図

治療の流れ3

Fig.3
After 1 month,remov6 e the plastic After months,check the bone augmentation

4.電子顕微鏡図

治療の流れ4

Fig.4
x5000 Regenerating bone

3Dによる精密治療を行っております

3Dによる精密治療 3Dによる精密治療

インプラントのレントゲン写真です

インプラント

セラミックによる美しい仕上がりです

セラミック

FDI(国際歯科連盟)は歯周病の世界的負担に取り組んでいます(歯科予防治療含む)

臨床歯科科学の現代歯科研究所教授であり、香港大学の歯学部の歯周病学教授であるL Jinijian教授は、FDI Global Periodontal Health Projectの一環として歯周病に関するシンポジウムを2年連続で開催します。

歯周病(歯肉)疾患は、世界的に大きな健康問題です。 重度の歯周炎は成人における歯の損失および無歯顎の主な原因であり、口腔の健康およびその機能に深刻な影響を及ぼします。 歯周病はまた、糖尿病のような一般的な非感染性疾患(NCD)と密接に関連しています。 この重症疾患は、巨大な医療費および社会経済的影響を与えています。 しかし、歯周病の世界的な認識は低いままです。

FDIは、歯周病の世界的負担に対処し、問題に取り組むための主要戦略を策定し、より良い口腔/歯周健康と一般的健康を提唱するために、グローバル歯周健康プロジェクト(GPHP)タスクチームを適時に設立しました。 私たちのタスクチームは、仕事を行うことに全力を尽くしており、可能な解決策を提供し、歯周病の健康を促進するためのグローバルな行動を求めています。 私たちの研究は、口腔/歯周医療のすべての健康政策への統合を強化しています。 このプロジェクトの成功のためには、強力なチームワークとグローバルな協力が不可欠であると考えています。

タスクチームは、2017年FDI世界口頭健康フォーラムでプロジェクトを開始し、フォーラムの議事録はホワイトペーパーの枠組みを設定しました。 歯周病の世界的な有病率と社会経済的影響に関する重要な問題、予防的予防、早期診断、効果的な治療法に関する最新の知識、3)主要な問題と重大な課題4)口腔保健専門家、政策決定者、その他の主体が「世界を最適な口腔健康に導く」という共通の使命を果たすための行動計画。

実践ガイドは、様々なアドボカシーキャンペーンを組織し、実施し、評価するために全米歯科協会と口腔保健医療専門家にとって非常に有用です。 その目的は、歯周病の世界的な負担をうまく解決し、歯周病の健康を促進するために、口腔保健政策の効果的な実施を達成することです。

世界中の口腔/歯周医療の現在の課題は、一般に、その比較的病理学的プロファイルのために、一般に公衆における歯周疾患の低い認識があります。 事実、重大な問題が生じるまで、多くの患者は歯周治療を求めていません。 最近のFDI国際歯科連盟の調査結果にも反映されています、歯周病の医療に対する認識不足や医療従事者に対する不満があります。

様々な社会経済的障壁また、国家内および国家間の世界的な歯周病の不平等を有意に説明し、それによって疾病予防および効果的な歯周治療に影響を及ぼします。 明らかに、世界の高齢化人口の増加率は、医療従事者、政府および一般の人々にとって大きな課題と社会経済的負担となっています。

この緊急の課題に対処するための重要な戦略は、口腔/歯周健康の世界的な意識を積極的に支持することです。 予防、早期診断(例えば、歯肉炎)、および疾患の効果的な管理を強化する; 歯科/医学基礎教育を強化することができます。

ブエノスアイレスで開催される世界歯科会議では、私たちのタスクチームがGPHPシンポジウムを開催します。 最新の歯周科学、ケア戦略、臨床アプローチについては、新しい歯周/インプラント疾患の分類と非外科/外科歯周治療のエビデンスベースのベストプラクティスを含めて議論する予定です。

私たちのタスクチームの主な仕事は、国民歯科協会の歯周健康調査、白書のハイライト、実践計画の立案と実践的な使用法などのインタラクティブなアプローチを通じて参加者と共有されます 。 さらに、私たちのタスクチームは、歯科疾患の一次および二次予防をさらに促進し、毎日の実践における患者の効果的な管理を強化するために、口腔保健の専門家のために新たに開発されたチェアサイドガイドを発表する2つの「ミート・ザ・エキスパート」セッションを行う予定です。

GPHPは、口腔/歯周健康への意識を高めながら、ヒトの歯周病の負担を軽減することを目指しています。 これは、口頭およびその他の医療専門家、教育者、政策立案者、一般の方々の関与とグローバルなチームワークを通して行うことができます。

プロジェクトの一環として、タスクチームは、 世界の歯周健康をさらに擁護し、それを国レベルで優先させるための FDI政策声明を発表する予定です。 専門的および公的なコミュニティにおける積極的な健康促進および疾病予防、ならびに共通のリスク因子アプローチを介してNCDに対処するための口腔/歯周健康の健康政策への統合を通じて行われます。 この方針声明は、このミッション 主導型プロジェクトの目標を達成するための調整されたグローバルな行動の実施を促進するための勧告とガイドラインを提供します。

グローバル歯周病プロジェクト

fdi

2015年10月、歯周病の負担を軽減し、公衆衛生、口腔衛生、その他の医療従事者、教育者、政策立案者が歯周病の健康を促進することで、世界の歯周病プロジェクト(GPHP)が開始されました。

小田急線新百合ヶ丘/壱番館歯科クリニック院長野田哲はFDI(国際歯科連盟)Memberとして、グローバル歯周病プロジェクトに参加し、2009年に予防、歯周病菌殺菌剤・次亜塩素酸Caイオン(NX100)を世界で初めて研究開発に成功しました。(NX:Nodaxacin)