ブログ

各種保険取扱

お電話はこちら

砂糖の代わりに(虫歯、肥満) 1

砂糖の代わりに(虫歯、肥満) 1

サッカリン

サッカリンは、カロリーと栄養価を含まない人工甘味料です。 通常の砂糖の砂糖よりも200〜700倍甘さがあります。
サッカリンは、飲料や加工食品などの多くの製品に含まれています。
• ダイエットソーダ
• 低カロリーの果汁
• 無糖ガム
• 無糖キャンディー、咳止め
• 低カロリーシロップ、ジャム、およびゼリー
• 無糖ヨーグルト
• 無糖または低カロリーの冷凍ヨーグルト
• 無糖アイスクリーム
• 食事
• 粉末タンパク質またはダイエット飲料混合物
• 低カロリークッキー、ケーキ、およびその他の加工された焼き菓子
サッカリンは、米国食品医薬品局(FDA)による砂糖代用品および加工食品および飲料の成分として承認されています。 それでも、サッカリンの全体的な安全性に懸念を抱いている人は多いです。

安全性

サッカリンは安全?
動物 1978年に行われた研究は、サッカリンの使用がマウスおよびラットの膀胱癌に関連していました。 これらの知見は、サッカリンの使用および癌に関する懸念を提起した。 この研究のために、議会は人間を含む追加の研究が行われることを義務付けた。
また、議会は警告ラベルを添付するためにサッカリンを含む製品を要求した。 それから、 以来、FDAでは、30件の研究がヒトに対して行われており、いずれもがんとの関連性は示されていない。 2000年には、連邦政府の可能性のある発癌物質リストからサッカリンが削除されました。

副作用
サッカリンは副作用を引き起こすことができますか?
それは栄養不良であるので、サッカリンは消化されません。 これは、砂糖よりも良い選択肢になるかもしれません。 しかし、糖尿病は、その甘い味のために、体にインスリンを放出させる可能性があります。
研究者は、サッカリンの全体的な健康への影響を調べ続けています。 動物実験では、 2014年のは、サッカリンやその他の人工甘味料は耐糖能を高めることができることが分かった。 これは、腸内細菌の影響によるものです。

グルコース不耐性の増加は、前糖尿病状態を引き起こす可能性があります。 つまり、血糖値が正常範囲を超えていますが、糖尿病に分類されるほど高くはありません。 高血糖症はインスリン抵抗性、脳卒中、心臓病、および死亡リスクに関連している。
違った動物実験で も、サッカリンは腸内細菌に負の影響を与え、肝臓の炎症を促進すると結論づけられました。 2014年の動物研究では、サッカリンの使用が体重増加、肥満、および食欲の増加につながる可能性があることを示した。 しかし、どちらの研究の結果も大規模なヒトの研究では繁栄されていない。
サッカリンは合成化合物です。 一部の人にアレルギー反応を起こすことがあります。 サッカリンにアレルギーがある場合は、副作用があるかもしれません:
• ハイブ
• かゆみ
• 頭痛
• 下痢
• 息切れ

アスパルテームは、今日使用されている最も一般的な人工甘味料の1つです。 アスパルテームはアミノ酸アスパラギン酸とフェニルアラニンを一緒に結合することによって作られ、 アミノ酸はタンパク質のビルディングブロックであり、多くの食品に天然に存在します。
アスパルテームは、砂糖の約200倍の甘味を持つので、多くの食品や飲料に使用されているため、甘味を同レベルにするために使用することができます。 これは、次に、食物または飲料中のカロリーを低下させます。
アスパルテームが癌を含む多くの健康問題を引き起こすと主張しているという噂は、長年にわたり続いている。 これらの多くは引き続きインターネット上で流通しています。

アスパルテームにどのように使用されていますか?
アスパルテームは、1980年代初頭から米国で使用されてきました。 これは現在、数千もの異なる食品で使用されています。 アスパルテームは、卓上用甘味料、調理済みの食品および飲料の甘味料、および加熱をあまり必要としないレシピ(熱がアスパルテームを分解するため)として一般的に使用されます。 薬の香料としてもつかわれます。
体内では、アスパルテームはフェニルアラニン、アスパラギン酸、およびメタノールに分解される。 メタノールは多量に毒性であることがありますが、アスパルテームの分解に起因する量は多くの「天然の」食品よりも低くなります。 例えば、1リットルのダイエットソーダを飲むと、1リットルのフルーツジュースから680mgものメタノールと比較して、55ミリグラム(mg)のメタノールが消費されることになります。
フェニルアラニンおよびアスパラギン酸はアミノ酸であり、タンパク質を含む多くの食品に天然に存在します。 ほとんどの人に健康上の問題を引き起こしません。 しかし、フェニルケトン尿症(後で詳述する)の人々は、フェニルアラニンの摂取を制限する必要があるため、アスパルテームを避けるように通常相談します。

米国では、アスパルテームなどの人工甘味料は、食品医薬品局(FDA)によって規制されています。 これらの製品は、安全性をテストし、使用する前にFDAの認可を受けなければなりません。 FDAはまた、各甘味料の許容可能な1日摂取量(ADI)を設定する。これは、一生の間に毎日消費するのが安全であると考えられる最大量です。 ADIは、実験動物で行われた研究に基づいて、健康上の懸念を引き起こす可能性のある最小量よりも約100倍少なく設定されています。

FDAはアスパルテームのADIを体重1kgあたり50ミリグラム(mg / kg)と定めています。 欧州連合(EU)の食品添加物を規制する欧州食品安全機関(EFSA)は、アスパルテームのADIを40mg / kgとわずかに下げることを推奨しています。
アスパルテームを考えると、典型的な成人75キロ(約165ポンド)の場合、これは1日あたり3,750ミリグラムであり、ほとんどの成人が毎日服用します。 12オンス缶のダイエットソーダは通常、約192ミリグラムのアスパルテームを含み、卓上甘味料のパケットは約35mgを含む。 大人の体重165ポンドは、ダイエットソーダを19缶以上飲むか、推奨されたレベルを超えるために107パケットを消費する必要があります。

神奈川県川崎市麻生区上麻生 歯医者

小田急新百合ヶ丘 壱番館歯科クリニック

  カテゴリ:医院ブログ and tagged