ブログ

各種保険取扱

お電話はこちら

ヨーロッパ高水準の安全な レントゲン装置2

 当医院では最新のバージョンアップできるレントゲン装置使用しているので、絶えず、新しいより安全な状態で、撮影、診断が出来ます。

» 放射線被ばくの間、誰が室内にいるのでしょうか?
シングルチェアルームの場合、検査の実施に必要な場合を除いて、放射線撮影中に人が部屋にいてはならない。 患者さんの頭部を見ることができる遮蔽の背後に位置し、 多椅子室の場合、椅子間に十分な遮蔽があるはずです。

» 歯科用X線写真撮影における典型的な胎児線量は何ですか?
歯科X線検査からの胎児線量は、0.3μSvと1μSvとの間であると推定されt。これは、胎児が受け取った推定1日の自然背景線量よりも少ない。

» 歯科放射線治療を行う前に、女性の妊娠をどのように扱うべきですか?
可能性のある妊娠に関する情報は患者さんから告知してもらいます。 患者が妊娠している場合は、非放射線検査から情報を得る可能性を考慮する必要があります。 放射線検査が不可欠であると考えられる場合は、実施すべきであり、最適化を考慮する必要がです。 胎児への放射線誘発の恐れが広がっているため、この手順を実行する前に、女性に放射線被ばくレベルおよび関連するリスクについて相談をうけます。 待合室では妊娠の兆候があることが不可欠です。

妊娠中の女性に歯科X線検査を行った場合、胎児へのリスクとはどのようなものですか?
歯科用X線撮影手順から生じる数μSvの放射線被曝による胎児へのリスクは非常に小さいです。
10μSvの胎児用量による胎児への癌リスクは、小児がんのバックグラウンドリスクよりも数千倍も低く、遺伝的異常を引き起こすリスクは、遺伝的障害のバックグラウンドリスクはさらに小さい部分です。

» X線の線量とはどういう意味ですか?
放射線量は、何かか他の人がX線に曝されたときに吸収されるエネルギー量の尺度です。 これは、人に損傷を与える可能性のあるこのエネルギー吸収であるため、重要です。 歯科処置における放射線量について話す一般的に使用される2つの方法があります:患者皮膚表面(正確には「入射表面空気カーマ」として知られている)で推定される線量および実効線量。 皮膚表面で推定される線量は測定が容易であり、X線装置の全国調査に使用されます。 実効線量は計算するのが複雑ですが、その値は放射線に関連するリスクに直接関連している可能性があります。

» X線の「線量」にはどのような単位が使われますか?
入射面空気ケルマの単位はグレー(Gy)であるが、歯科放射線では、通常、1グレー(ミリグレイ; mGyまたはマイクログレー)の小さな部分です。パノラマX線撮影では、装置が動作する異なる方法はすなわちkerma x面積積(mGy.cm2)を使用する方が賢明であることを意味する。 実効線量の単位はシーベルト(Sv)である。 歯科放射線では、Sievert(ミリシーベルト、mSv、またはマイクロシーベルト、μSv)の分画が使用されます。

» 歯科放射線治療からの典型的な線量は何ですか?
さまざまな国別調査の平均値は、次の範囲にあります。
• 口腔内撮影のための入射表面空気カルマに関して1〜8mGy;
• パノラマ撮影のためのケルマ区域製品の観点から約100mGy.cm2;
• 頭部X線撮影のための入射表面空気カーマに関して0.25〜7mGy。
まだ、CBCTに対応する全国調査データセットは存在しない。
有効な投与量:
• 口腔内歯科X線造影法1〜8μSv;
• パノラマ検査4-30μSv;
• セファロメトリー検査2〜3μSv;
• CBCTの手順は、34-652μSv(小さな歯槽 – 肺胞容量の場合)および30-1079μSv(大規模な「頭蓋顔面」の場合)。
したがって、口腔内および頭部計測の歯科放射線治療からの線量は、通常1日未満の自然背景放射線よりも低くなります。 パノラマ手術のための線量はより多様でが、範囲の上限でさえも、胸部放射線写真と同様の自然背景放射線の数日に相当します。 CBCT線量は広範囲に及びますが、技法に応じて、従来のX線撮影法よりも有効線量が数十μSvでも数百μSvでもよく、 CBCT装置の急速な技術的改善は、典型的な線量範囲が変化する可能性があることを意味します。。

» 不必要な検査を避けるにはどうすればいいですか?
臨床的な必要性に基づいて個々の患者さんごとに放射線写真が選択されることを確実にするまた、X線撮影手順を選択する前に常に患者を診察する必要がありす。 患者の診断に合わせて抗生物質や鎮痛剤などの薬物療法を処方するように、臨床的な必要性に応じてX線検査を選択するようにしてください。

» X線検査を選択するのに役立つアドバイスはありますか?
紹介基準(または選択基準)と呼ばれるこの決定のあなたと患者をサポートするガイドラインは、様々な専門機関があります。 これらは、特定の臨床的歯科の状況における放射線科のための「良好な実践」の系統的に開発されたステートメントです。 ルールではありませんが、患者のニーズを考慮するフレームワークを提供することができます。
»
臨床検査で異常の存在が示唆された場合、または傍受的で積極的な歯列矯正治療が検討されている場合には、放射線写真が必要となる場合があります。 パノラマ撮影の恩恵を受ける可能性のある患者を特定するために使用される臨床指標は、X線検査は有効です。

神奈川県川崎市麻生区上麻生

小田急新百合ヶ丘 壱番館歯科クリニック

  カテゴリ:医院ブログ and tagged